核密教(エソテリックニューク)- 核と悪霊の事件簿

Nuclear Esoterism and Exorcism (TCCpolice 原研悟)

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神をあやつる一級呪霊のダークファンタジー J-PARC2125事変の重要参考人 。ゲンパツ金目教大本営、司令塔斎藤伸三のカツアゲ・カネダセ宣言「謹啓 内閣総理大臣殿:国の原子力政策常設司令塔設置の提案 --- 齋藤 伸三」ゲンパツ金目教の人ごとトリックスター、ポイ捨てされた班目春樹死去。マダラメのデタラメ漫画に込められた呪霊が特級呪物(行き場のない核ゴミ)に封じ込められ、全国に拡散される。

 

 

 

 

 

 

【ゆっくり解説】御三家と三大怨霊の怖すぎる関係性!謎多き御三家を徹底解説【呪術廻戦解説】ネタバレ注意 https://youtu.be/P9-SuAaZEYc @YouTubeより 


www.youtube.com

【呪術廻戦】呪術界名家「御三家」!!五条家・加茂家・禪院家と三大怨霊の関係&秘話を徹底考察!!※ネタバレ注意 https://youtu.be/TPij2LOaayo @YouTubeより 


www.youtube.com

 

ゲンパツ金目教大本営、司令塔斎藤伸三のカツアゲ・カネダセ宣言「謹啓 内閣総理大臣殿:国の原子力政策常設司令塔設置の提案 --- 齋藤 伸三」

貴職におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、私ども長年原子力の研究、開発及び利用に携わってきた者として、原子力政策に係る常設の国の司令塔を設置していただきたくお願い申し上げる次第です。

総理は化石燃料中心の経済、社会、産業構造をクリーンエネルギー中心に移行させ、経済社会システムの変革を実現すべく、GX実行会議を設置しました。本会議では総理が議長を務められ、エネルギー経済、環境、経済安全保障の各政策を、政府が一丸となり省庁横断で実現する重要な役割を担うものと拝察します。

そして、去る8月24日の第2回GX実行会議において、原子力の利用に関して既設炉の最大限の活用、新たな安全メカニズムを組み込んだ次世代革新炉の開発・建設、原子力発電所運転期間延長、バックエンドを進めるための積極的関与等を明確にされたことは、資源の乏しい日本の短・中長期的エネルギー確保に向けた力強い政策を示すものとして全面的に支持します。

更に、10月3日の臨時国会における所信表明演説において総理は「日本が直面する劇的な難局を乗り切り我が国の未来を切り拓く政策を果断に実行する」との決意を述べられた上で、原子力発電の問題に正面から取り組む旨明言されたことに敬意を表します。

昨今の不安定要因が増大する国際情勢のなかでGXを実現するにはエネルギー安定供給の持続性が不可欠です。長期にわたって安定供給を可能とする原子力はGXの主要な柱であることは明らかですが、2011年の東京電力福島原子力発電所事故から11年を経過した現在も原子力の利活用の低迷が続き、不透明さが解消されません。さらに、不透明さの解消には原子力のエネルギーとしての利用に留まらず、核燃料サイクル、廃止措置、放射性廃棄物の処分なども含めて、広く原子力利用に関して国民の理解と信頼を得ることが不可欠です。

現在の原子力の置かれている状況は、既設炉を再稼働する課題はあるものの、その先が不透明であり、産業界は活気を欠いています。この影響は技術者も将来に希望を持てず職場を変え、サプライチェーンの断絶や若者の原子力離れをもたらしています。原子力再興の時期を失すると原子力の開発・建設技術が消滅することが危惧されます。

一方、従来、国は原子力の研究、開発、利用に関する長期計画あるいは原子力政策大綱の策定を原子力委員会に委ね閣議決定してきましたが、2011年の事故以後、原子力委員会の権限を大幅に縮小し、以降、長期的な見通しのある原子力政策を策定する明確な常設の司令塔が存在しません。原子力開発計画立案に参画していた原子力産業界、研究機関、大学、立地地域自治体等は、それぞれの立場から政府・国による長期的視点に立った予見性のある原子力利用の明確な方針を渇望しています。

このために、GX政策の柱として原子力を位置付けられた政府・国が、原子力政策を統合的に立案・調整する司令塔を設置されることを切に要望します。

昨今の不透明さなどの背景を踏まえ、常設の司令塔の設置に際し検討して頂きたい事項を補足資料に示しますので、併せてご配慮下さるようお願い申し上げます。

 

 

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神をあやつる一級呪霊のダークファンタジー

齋藤 伸三、J-PARC2125事変の重要参考人

フランス原子力ムラに潜むオンナ呪詛師M.カズコの呪具・藁人形で操られている。
1966年東京大学修士卒後、日本原子力研究所入所。常陽の安全評価、原子炉安全性研究炉(NSRR)の建設、同炉を用い実験研究に従事。HTTRプロジェクトリーダーを務める。東海研所長、理事長、この間、安全委員会の安全審査専門委員、IAEA,NEA等諸委員会の委員、さらに2003年原子力学会長、2004年原子力委員長代理を歴任。




 

 

 

班目春樹死去。マダラメのデタラメ漫画に込められた呪霊が特級呪物(行き場のない核ゴミ)に封じ込められ、全国に拡散される。

 


 

 

マンガでわかるまったくの他人事だった 元・原子力安全委員会委員長だった班目春樹さん。あなたも同罪です!東大バカ

 

萩生田氏が「言質」を与えた?

政府は
東京電力福島第一原発処理水の海洋放出にむけ、
漁業者支援の新基金を追加で設ける。

その背景には、
経産省
漁業団体の圧力に「完敗」した経緯があった。

事故で溶けた
核燃料の塊「燃料デブリ」を冷やした水から、
放射性物質の大部分を取り除いたものが処理水だ。

昨年4月に
菅義偉政権が
'23年春以降の海洋放出を決めたが、
全国漁業協同組合連合会(全漁連)が猛反対し、
風評被害対策の手厚い支援を求めていた。

政府と全漁連に食い違いが生じたのは、
今年4月だ。

当時の
萩生田光一経産相
全漁連の岸宏会長が会談した際、
萩生田氏が
「超大型の基金を創設する」と発言。

経産省側は
昨年末に設立を決めた
既存の300億円の基金を指している
との認識だったが、
岸氏は
「新しい基金だと思っている」
とメディアに強調した。

そこから、
萩生田氏が言質を与えたとして
「新基金創設へ」との報道が続出し、
全漁連が既成事実を作ることに成功した。

経産省は今年7月の人事で、
以前から処理水問題に携わる
特許庁長官・松永明参与の続投に加え、
総括審議官などを
歴任したエース・片岡宏一郎氏を
福島復興推進グループ長に抜擢。

岸氏は
6月に会長を退いていたが、
それでも全漁連側を抑え込めず、
300億円を大きく上回る規模の
基金創設が決まった。

政府関係者は
経産省
大企業との付き合いしかなく、
予算確保にあらゆる手を使う
漁業団体への対応が分かっていない」
と語る。

こうして国の予算は膨張してゆく。

週刊現代」2022年11月19・26日号より

https://gendai.media/articles/-/102202?page=1&imp=0

 

J-PARC2125事変を核査察せよ!

ゲンパツ金目教の呪物、呪具、呪霊、原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神を祓え!

TVアニメ『呪術廻戦』ノンクレジットOPムービー/OPテーマ:Eve「廻廻奇譚」 https://youtu.be/v8bZVdTgXoY @YouTubeより 


www.youtube.com

呪術高専東京校1年の担任。呪術界御三家・五条家の現当主。日本に4人しかいない特級呪術師の一人で自他ともに認める最強の呪術師。
その常軌を逸した才能は生まれつきで、幼い頃から億単位の賞金首として狙われ、彼が生まれてから呪霊が年々力を増すなど、世界の均衡が変わったと言われている。

作中では超大物呪術師にして日本三大怨霊の一人・菅原道真の子孫で、教え子の一人である乙骨憂太とは超遠縁の親戚にあたる。

両面宿儺の指を取り込んだことで秘匿死刑の決定した虎杖悠仁に関して、「宿儺の指を全部取り込ませてから殺すこと」を提案し、死刑に実質無期限の執行猶予を付けて、彼を東京校へ入学させた。

 

 

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神を核査察せよ!

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

ゲンパツ金目教の延命策「今だけ、カネだけ、自分だけ」、原発の運転延長、なぜいま?リスクは?ゼレンスキーは第三次世界大戦を始めようとした。ゲンパツ金目教のクノイチ巫女が黒魔術と核呪詛を放ち世界を壊滅させる。行き場のない核ゴミの呪霊が原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神となりあなたを襲う。呪術廻戦・五条悟の領域展開・無量空処(むりょうくうしょ)で核エクソシストが悪霊払いする。 Carl Orff - O Fortuna ~ Carmina Burana【ポーランドに着弾】“ウ

#ポーランドウクライナ #ロシア
ポーランドに着弾】“ウクライナ軍発射の迎撃ミサイル”との初期分析 アメリカ報道

 

 

 

 

『東部で激戦が続くなか “政治的対話”発言の意図は』【11月18日(金)#報道1930】 https://youtu.be/xsONUEih4k0 @YouTubeより 


www.youtube.com

【和平交渉の行方は】米CIA長官とロシアが「密室協議」? 【深層NEWS】 https://youtu.be/Wc-JjxMIzQI @YouTubeより 


www.youtube.com

 

ゼレンスキーは第三次世界大戦を始めようとした。

 

ゲンパツ金目教のクノイチ巫女が黒魔術と核呪詛を放ち世界を壊滅させる。



ジャーナリストの伊藤詩織さんを執拗に誹謗中傷し続け、高裁でも敗訴して110万円の賠償金を請求された自称漫画家のはすみとしこ氏が、最高裁に上告するための裁判費用を支援してほしいと言っています。開いた口がふさがりません。

はすみとしこ大先生って、法廷の外では勇ましいこと言ってるけど伊藤詩織さんに訴えられた訴訟では「枕営業大失敗の絵は、原告ではなくディズニー映画・アラジンのジャスミンです」と言い逃れを展開した真っ向勝負が全くできないチキンなんですよねぇ。

 

安倍がいなくなって、少しずつ司法に良識が戻ってきた。
許せないのは、はすみとしこ、杉田水脈など女性からの攻撃である。これは本当に品性を疑う下劣なものだった。安倍に守られていないと、この世では通用しない醜悪なものである。

 

 

杉田水脈議員は、はすみとしこ氏の大大大親友。

 

TVアニメ『呪術廻戦』ノンクレジットOPムービー/OPテーマ:Eve「廻廻奇譚」 https://youtu.be/v8bZVdTgXoY @YouTubeより 


www.youtube.com

呪術高専東京校1年の担任。呪術界御三家・五条家の現当主。日本に4人しかいない特級呪術師の一人で自他ともに認める最強の呪術師。
その常軌を逸した才能は生まれつきで、幼い頃から億単位の賞金首として狙われ、彼が生まれてから呪霊が年々力を増すなど、世界の均衡が変わったと言われている。

作中では超大物呪術師にして日本三大怨霊の一人・菅原道真の子孫で、教え子の一人である乙骨憂太とは超遠縁の親戚にあたる。

両面宿儺の指を取り込んだことで秘匿死刑の決定した虎杖悠仁に関して、「宿儺の指を全部取り込ませてから殺すこと」を提案し、死刑に実質無期限の執行猶予を付けて、彼を東京校へ入学させた。

 

 

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神を核査察せよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神を呼び覚ます。

Шаманская Болезнь и Погружение в Транс | Опасный и Тернистый Путь Шамана https://youtu.be/Y16OKqVEQXs @YouTubeより 


www.youtube.com

Что это за книги? И почему их называют Чёрными? https://youtu.be/ZcaWUP1hoHE @YouTubeより 


www.youtube.com

ЗАПРЕЩЕННЫЕ Книги Про МАГИЮ, Которые Дают СВЕРХСПОСОБНОСТИ https://youtu.be/O_rYwMMpo4A @YouTubeより 


www.youtube.com

Чёрная магия империи СС. Сеанс гипноза. Документальное кино Леонида Млечина https://youtu.be/HIFdFeZVrAw @YouTubeより 


www.youtube.com

 

***
IAEA:日本への福島廃水の放出に関する決定
Japan IAEA Fukushima (AP 経由の共同通信) 2022 年 11 月 18 日 (金) 午後 11 時
東京での記者会見で、タスクフォースを率いる IAEA 原子力安全・セキュリティ局長のグスタボ・カルーソ氏。津波で破壊された福島原子力発電所に貯蔵された放射性廃水は、2022 年 11 月 18 日金曜日、彼のチームの使命は、東京の立場を支持することではなく、独立した見解を示すことであると述べた.
東京 (AP) — 国際原子力機関のタスクフォースの責任者は金曜日、破壊された福島原子力発電所からの放射性処理水の海への日本の計画された放出が国際基準を満たしているかどうかを検討していると述べたが、進めるかどうかの決定はその計画は日本政府次第です。
IAEA原子力安全・セキュリティ局長である Gustavo Caruso 氏は、彼のチームには、国際安全基準に完全に準拠していなくても、日本が放出を停止すべきかどうかを決定する権限はないと述べた。
政府と発電所の運営会社である東京電力ホールディングスは昨年、来春から処理済み廃水の海への放流を開始する計画を発表した。彼らは、工場内の約1,000個のタンクに100万トン以上の水が貯蔵されているため、廃炉を妨げ、大規模な地震津波が発生した場合に漏出のリスクをもたらすと述べた.
IAEA は日本政府と協力して、排水の安全性と透明性を高めています。
カルーソ氏は、IAEA によるこの計画の独立した評価は、「社会、日本社会、近隣諸国、その他の加盟国に信頼を与えるだろう」と述べた。
中国と韓国を含む9カ国の専門家を含む彼の16人のメンバーのチームは、排水計画を研究するために今週日本に来ました。今年で 2 回目となる訪問中、彼らは政府や電力会社の関係者と会談し、水曜日に福島第一原子力発電所を訪問しました。
2011 年の大地震津波により、福島原発の冷却システムが破壊され、3 基の原子炉が溶けて大量の放射線が放出されました。損傷した原子炉の炉心を冷却するために使用された水は、放射性が高く残っており、原子炉建屋の地下に漏れ出し、タンクに集められて保管されています。
放流計画は、漁師、地元住民、中国や韓国を含む日本の近隣諸国から激しく反対されてきた. 福島県民は、農水産物の評判がさらに損なわれるのではないかと心配している。
放射能の大部分は処理中に水から除去されますが、トリチウムは除去できず、低レベルの他の放射性核種も残ります。政府と東電は、大量の海水によるさらなる処理と希釈の後、水がゆっくりと放出されれば、環境と健康への影響は無視できると述べています。
一部の科学者は、トリチウムやその他の放射性核種への長期にわたる低線量被ばくが環境や人間に及ぼす影響はまだ不明であり、放出計画は遅らせるべきだと述べています。彼らは、トリチウムが魚で消費されると、人間への影響がより大きくなると言います。
東京電力は、処理水をタンクからパイプラインで沿岸施設に輸送し、そこで海水で希釈し、現在建設中の海底トンネルを通って沖合いの出口に送る予定です。
Caruso は、彼のタスクフォースが 1 月に原子力規制当局と会うために再び訪問する予定であり、計画されたリリースが始まる前に最終報告書をリリースする予定であると述べた。今週の任務に関する報告は 3 か月後に予定されています。
___
AP 通信
Based from: IAEA:日本への福島廃水の放出に関する決定 (英部)- <https://www.yahoo.com/.../iaea-decision-fukushima...>


 

ロシアのウクライナ侵攻以来8カ月が過ぎた。今も膠着状態が続いている。その原因の1つに原子力エネルギーを巡る問題があることは、あまり知られていない。そこでこの問題をめぐって、興味ある2つの本を取り上げてみたい。

2つの本とは、フランスのジャーナリストであるマルク・エンデヴェルト(Marc Endeweld)の、『ロシア=ウクライナ紛争の裏にある隠された戦争』(Guerres cachées. Les Dessous du conflit Russo-Ukrainien, Seuil, 2022)と、『支配されたフランス』(L’Emprise. La France sous Influence, Seuil, 2022)である。

この2冊からいえることは、ウクライナ戦争の背景には原子力エネルギーをめぐるアメリカとロシア、そしてフランスの攻防があるというのだ。その攻防こそ、プーチンの戦争の口実(Casas belli)になっているというのだ。

1991年ウクライナ独立の最大の問題

ウクライナは、エリツィン政権発足直後の1991年8月にソ連から独立している。その際の最大の問題が、ソ連時代に建設された原子力発電所原子力兵器の処理の問題であったといわれる。原子力発電は、原子爆弾の原料を生産する。ウクライナ・ザポロージャにある巨大な発電施設はそのまま、原子爆弾の製造工場になる。

そのままの状態だと、ウクライナは核保有国となる。そうなるとウクライナはロシアの最大の脅威となる。そこで1994年12月、ブダペストでこの原子力の問題についてロシアそしてイギリス、アメリカとの間で合意が形成された。

ソ連時代のウクライナには、数多くの原子力兵器が置かれていた。その数では、ウクライナアメリカとソ連にならぶ世界第3の核保有国であったといえる。一方、独立後は不安定な政治とオリガルヒ(新興財閥)やマフィアの暗躍で、ウクライナから武器が大量に流れていった。

その意味で、核兵器に関する管理をロシアにまかせることは、当時必要な処置であったともいえる。1992年にはリスボンでの合意で、ロシアが原子力関係をすべて管理することが取り決められていた。

そのブダペストでの合意とは、ウクライナカザフスタンベラルーシなどが核を持たないことを確証し、原子力発電設備やその燃料はすべてロシアに依存することを決めた合意であった。これらの国は、ロシアに対して核保有国とならないことで、核拡散防止条約を遵守するというものでもあった。

フランスのジャーナリストであるマルク・エンデヴェルト氏の著書。『ロシア=ウクライナ紛争の裏にある隠された戦争』(左)と『支配されたフランス』。

核爆弾に関してはなるほど、やむをえない処置だったとはいえる。しかし原子力発電に関してもロシアの管理に置くことが意味したのは何かといえば、今後原子力エネルギーに関する問題はすべてロシアによって運営されることを意味していた。そうすると、ウクライナが今後アメリカやフランスなどに原子力発電の協力、例えば新しい発電所の建設などを打診しても、すべてそれは打ち消されるということを意味していた。

これは、ロシアはこの協定によって、ウクライナカザフスタンベラルーシのいかなる原子力エネルギーに関する独立も認めないということを意味していた。しかし、これが後々破られたわけである。

ロシアを刺激した欧米の原子力関与

ロシアによる原子力発電の管理はウラニウム原料の供給や核廃棄物の処理などすべてをロシアが行うことを意味しており、いかなる意味でもこれらの国の原子力に関する独立は不可能であった。

しかしアメリカとEUは、この問題に関して当然ながら、新しい原子力発電所の建設、EU内の電気設備に照応した変革を打診してくるわけで、ウクライナ政府のこの問題に関する外交政策は、NATO北大西洋条約機構)への接近問題と同様にロシアをいたく刺激することになる。

フランスは、エネルギーの多くを原子力に頼っている国である。その限りにおいてフランスは、スリーマイルズ島の原子力発電所の事故以来、長い間原子力に消極的なアメリカとは違い、原子力発電所の開発で最も発展した国といえた。しかし、ウクライナをめぐるフランスとロシアの関係は、その意味で極めて複雑である。

ドイツが天然ガスのパイプラインの建設をロシアと結んだことは、フランスの原子力政策にとってある意味危機であった。フランスの原子力エネルギーのイニシアティブをドイツの天然ガスに持っていかれ、フランスの覇権をドイツに奪われる恐れがあったからである。その意味で、ロシアからドイツに至る天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」計画に対して、アメリカ同様フランスも批判的であった。

しかし、一方でフランスはソ連崩壊以降、原子力分野でロシアと密接に結びついていた。フランスとドイツ、そしてロシアとウクライナはこの問題において極めて複雑な位置にいた。ロシアとウクライナが、ウクライナ東部・ドンバス地域における戦闘の停止について2014年9月に調印した「ミンスク合意」、そして2015年2月の「ミンスク2」は、ドイツとフランスが仲介した。

フランスは原発分野でロシアと深い関係をもつが、天然ガスではドイツが深い関係にある。ロシアは原子力に関する既得権益の維持を主張してブダペスト合意の存続を求め、一方でウクライナはそこからの離脱を図る。そしてアメリカがそこに新しい原子力発電の提供者として出現し、フランスの権益を侵し、なおかつドイツのガス供給に対する敵としても登場する。

ウクライナはフランスに次いで電力を原子力に依存する国である。アメリカ、フランス、ウクライナという原子力エネルギーに期待する国と、ロシアのガス、そしてそのガスをウクライナを通過せずにヨーロッパに入れようとするドイツとの間に、大きな敵対関係が生まれていた。

原子力で不安定化した米ロ関係

アメリカは、トランプ政権になって原子力エネルギーの開発にも力を入れ始め、アメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)そしてウェスティングハウスウクライナに触手を伸ばし、またウクライナのゼレンスキーもそれを望んでいたため、アメリカとロシアの関係はきわめてギクシャクしていた。

ロシア経済にとって、天然ガスも重要だが原子力エネルギーから得られる利益も重要である。アメリカが「ノルドストリーム」を無効にし、なおかつ原子力発電さえも無効にしようと企んでいるとすれば、それはプーチンにとっては大きな打撃となり、怒りの原因となる。

ロシアの原子力会社ロスアトムはロシアの重要な輸出産業の1つで、一方でフランスもアメリカと同様、ウクライナ原子力発電に関心を持っていた。しかし、アメリカはフランスの原子力発電にいい顔はしていない。ドナルド・トランプの娘婿で大統領上級顧問を務めたジャレッド・クシュナーがウクライナ原子力発電と深い関係があり、フランスに譲り渡すことはできなかったからである。

ロスアトムは東欧圏を中心に原子力発電の建設に深くかかわっており、ウクライナへの原料供給を一手に引き受けている。だから、ロシアはアメリカの侵入を快く思っていなかった。

しかし、ウクライナはすでにアメリカのウェスティングハウス原子力燃料工場を稼働させ、やがて同社は原子力発電所を建設する予定である。2022年2月24日のロシアのウクライナ侵入は、燃料工場が稼働し始めたころにちょうど起きたといわれている。

ロスアトムと深い関係にあるのが、フランスのEDF(フランス電力会社)である。そして原子力発電所の発電機を製作するのが、アルストム(ロシアへ蒸気タービン、アラベルを売っている会社である)である。しかしアルストムの発電機部門は、すでにアメリカのGEに買い取られている。アメリカは、フランスの原子力部門を弱体化させるためにあらゆる手を使ってきた(これについては、拙稿「マクロン再選がフランスを憂鬱にさせる理由」を参照)。

そもそもフランスの原子力産業の一部をアメリカに売り飛ばした人物こそ、フランスのマクロン大統領だが、そのマクロンが最近の大統領選挙では、原子力産業をフランス経済復興の重要なカギだと主張し始めていた。アルストムの再買収も視野に入れているという。

独仏とロシアの関係をアメリカが断つ

彼が大統領選を戦っているときにロシアのウクライナ侵攻が起きたが、侵攻前の2022年2月7日にマクロンプーチンと会談している。フランスのEDFとロシアのロスアトムは原子力発電の開発で深い協力関係にある。このときマクロンは当然、ロシアとフランスの原子力の問題とアメリカとウクライナ原子力発電の開発について議論したはずである。

政治的にはNATOの一員であるフランスはアメリカと行動をともにしなければならないが、原子力発電においてはむしろロシアと深く結びついている。そしてそのアメリカは、ウクライナに関してはフランスの得意分野である原子力発電で結びついているというのである。だから話は複雑である。

皮肉にも、ドイツはノルドストリームでロシアと深く結びつき、フランスは原子力発電でロシアと深く結びついている。大西洋の向こうのアメリカは、その結びつきを、ウクライナを使って破壊しようとしているのである。ウクライナ戦争の原因の1つがこの問題にもあるとすれば、アメリカとEUの関係は今後大きく変わるかもしれない。

以上がこの2冊の内容からいえる分析だが、どんな問題も多面的に見ることを忘れるべきではない。まさにエンデヴェルトの2冊は、私たちにそれを教えてくれるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ゲンパツ金目教の延命策「今だけ、カネだけ、自分だけ」

原則40年、最長60年と定められている原子力発電所の運転期間について、政府はさらなる延長を可能にすることを検討しています。

経済産業省は、上限を撤廃するか、安全審査などで停止した期間の分だけ追加延長を可能にするか、2つの選択肢を提示。

原子力規制委員会も、原発の老朽化に対応するための制度づくりに着手しました。

なぜいま運転延長なのか。老朽化のリスクや海外の事例はどうなっているのか。

 

──原子力規制委員会前委員長の
田豊志(ふけた・とよし)氏を中心に、
2018年12月に六本木で行われた、
通称「委員長レク」という
秘密会議の録音の内容を本書で紹介されています。
この録音の中で語られたことこそ、
日野さんの一連の取材の重要なキッカケだった
という印象を持ったのですが、
委員長レクとは何なのか、
この時の委員長レクでどんなことが語られ、
何が問題だったのか、教えてください。

日野行介氏(以下、日野):
専門的な知識がある、
癒着のない、
透明性を保つ運用に徹する規制当局
という前提のもとに
原子力規制委員会ができました。
本来であれば、
毎週水曜日の定例会ですべてを議論して、
オープンに決めていくという約束になっている。
しかし、
規制委員会は『委員長レク』
という秘密会の場を設けて
事前に重要な決定を行い、
その事実を隠していました。
透明性など担保されていませんでした。

 しかも、
この委員長レクの録音を聴くと、
技術的なことを話し合っているのではなく、
いかに運転を止めずに穏便に済ますか、
自分たちの見落としを取り繕うか、
といった話がされていた。

規制委員会が
今までアピールしてきたことがいかに嘘か、
この委員長レクの録音が明らかにしたと思います。

─委員長レクのやり取りを読むと、
前委員長の更田さんが、
原発を止めないよう
取り計らっているように見受けました。
更田さんは
なぜ原発を止めないようにする必要がある
と考えたのだと想像されますか?

規制委員会は何に配慮しているのか?

日野:
原子力規制委に問題を見抜く能力がない
というのが実態なのだと思います。
委員長レクで話し合われていたことは
規制委員会の見落としについてでしたが、
安全審査のほとんどは書類審査で、
そこから問題点を見抜くというのは相当に難しい。

 この委員長レクの冒頭、
火災報知器が
新規制基準の通りに設置されていなかった
ことが分かり、
基準不適合なのだけれど、
安全審査で規制委が見落としたのをいいことに
基準不適合だと認めないよう主張してきた、

更田さんが愚痴のように語っている部分があります。
結局は電力業者の言いなりになっていたのです。

──原子力規制委員会として更田さんがすべきことは
どのような決断だったと思われますか?

日野:
「基準不適合が見つかったので
運転を止めてください」。

更田さんはそう主張すべきだったと思います。

新たな情報によって、
原発が安全基準を満たしていない
と後から分かった場合に、
稼働を止めて対策を講じる、
というのが本来の「バックフィット制度」です。
一度止めてから安全対策をするのが
本来の筋なんです。

──問題が見つかる度に原発を止める、
というのは相当難しいことなのでしょうか?

日野:
電力会社も行政側も原発の運転を止める
ということに関しては
強いプレッシャーを感じています。

 火災報知機にしても、
火山灰のフィルターにしてもそうでしたが、
問題が見つかり、
運転を止めずに
安全対策を講じるように求められると
電力会社はすぐに応じます。
しかし、
原発を止めるという判断に関しては
とても神経質です。

 火災報知器に関する部分では、
「これは基準不適合なのではなく、
規制委が勝手に安全基準を引き上げたのだ」
と電力会社は主張しており、
ほとんど言葉遊びのような印象もあります。

──そこまで専門的な議論になると、
とても普通の人には分からないので、
規制委に委ねるしかない、
という気持ちになりますね。

日野:
それが人々を傍観者にしてしまうシステムであり、
技術的とか専門的とか言われてしまうと、
なかなか反論できなくなります。
原発の取材はずっとそういったこととの闘いです。

──原発のような領域では、
専門的な知識を盾に
誤魔化そうとする恐れは常にあります。
それに対して、
言い返せるだけの準備や勉強は
どれほど必要なのでしょうか?

日野:
私の場合は、
「意思決定の過程を明らかにする」
ということを調査の目的としています。
そこを明らかにする限りにおいては、
必ずしも何もかも知っていなければ
ならないわけではありません。
「この会議の内容が明らかになっていない」
ということを追及していくのです。
攻め手に回れることが利点です。

──日野さんが
原子力規制委員や
行政側に対して議事録の提出を求めると、
議事録が存在しない、
あるいは
重要な部分について記載がない
という場面が何度か本書の中にあります。
議事録が存在しなければ、
後から検証のしようもありませんが、
議事録の内容を
改ざんしたり捏造したりすることも可能だ
と思います。
また、
こっそり会って密談する機会を
すべて見張るのも難しいように思います。
そうなると、
議事録を作るという作業自体が
半ば機能していないという印象を持ちます。

日野:
ある時期、私も同じ悩みを抱えていました。
これまでの調査で、
何度か役所の職員が議事録の内容を
改ざんしたケースを見抜いたことがあります。
例えば、
環境省の課長の都合の悪い発言を削った
のを暴いたことがありました。
また、
福島の健康調査の内部被曝に関する
都合の悪い部分をバサっと議事録から削除していた、
というケースもあり、
改ざんは常態化しているのだと疑わざるを得ない。

 この2つの例は
どちらも意思決定過程に関する部分の改ざんでした。
公文書管理法に規定されていますが、

意思決定過程の記録は文章で残さなければならない。

これは、
公文書管理と情報公開の根幹で、
民主主義の基盤と言えるものです。

 本当にきちんと残しているのか、
ちゃんとその内容を公開しているか、
ということを絶えず問い続けることは、
記者でなくとも誰かがやらなければならない
必要な作業だと思います。
取材を尽くした上で情報公開請求を行う、
ということも必要だと思います。
特に隠微な国策の取材においては、
意思決定過程の解明は不可欠だと思います。

意思決定過程を隠そうとする役所

──議事録を丹念に読んでいって
整合性を確認したり、
抜けがないか確認したりするのは
日野さんの独自の取材スタイルなのでしょうか?

日野:同じようなことをやっている記者は
あまり見かけません。
私も誰かから教わったわけではありません。

──日野さんが
原子力規制委員や行政を追及する時の厳しさは、
文章からもありありと伝わってきます。
しかし、
読者の中には、
メディアがあまりにも厳しく細かく
行政の仕事を追及するから、
オープンに効率よく仕事ができないのだ、
と考える人もいると思います。
記者や報道機関のあるべき姿勢について、
日野さんのお考えを教えてください。

日野:
私はメディアや記者のあるべき論
というものに関してほとんど関心を持っていません。
私の報道姿勢は、
自分が今まで取り組んできたこと、
知識や経験があることを調べてまとめ、
作品として読者に提供することにあります。
記者を飲食業に例えるなら、
店の経営者ではなく厨房で料理を作る職人気質です。

 作品に取り組む意識の根底には、
歪んだ政策の全体像がどんなふうになっているのか
解明しないと納得できない、
というこだわりのような気持ちはあります。

 私は一貫して
本来公開されるべき情報を公開してください、
と言い続けてきました。

役所が意思決定過程を隠そうとする努力こそ無駄だ

と思います。
こういったことは
効率の良し悪しで考えることではありません。

 日本の役所というものは、
特に原発に関することはそうですが、
結論しか明らかにしてこなかった。
では、それでいいのか、
と言えば、
そういった状態の結果に原発事故が起きている。
ですから、
自分のやり方に迷いを感じたことはありません。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/72719

委員長レクが原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神を呼び覚ます。
4人、テキストの画像のようです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「翻弄され分断され腐敗した…ウクライナという国の真実 この戦争は民主主義で解決しない」西田昌司×伊藤貫 シン・外交安保対談VOL.1 https://youtu.be/Q4Y0Ofr-WqU @YouTubeより 


www.youtube.com

特番『伊藤貫先生再登場!欧米の単純な”ウクライナ分析”と情緒的な日本人』ゲスト:国際政治アナリスト 伊藤貫氏 https://youtu.be/Hyrx9u2a6lw @YouTubeより


www.youtube.com

 

 

行き場のない核ゴミ(原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神)を核エクソシストが悪霊払いする。

 

 

 

Carl Orff - O Fortuna ~ Carmina Burana https://youtu.be/GXFSK0ogeg4 @YouTubeより  


www.youtube.com

كارمينا بورانا - عندما يعزف الشيطان | الترجمة الوحيدة https://youtu.be/r5VxFniPIkg @YouTubeより 


www.youtube.com

 

行き場のない核ゴミの呪霊が原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神となりあなたを襲う。

 

Excalibur • O Fortuna/Carmina Burana • Carl Orff https://youtu.be/0JNlOTccdck @YouTubeより 


www.youtube.com

 

呪術廻戦五条悟の双子の兄、五条真が獄門疆に閉じ込められた五条悟を救い出す。


TVアニメ『呪術廻戦』ノンクレジットEDムービー/EDテーマ:ALI「LOST IN PARADISE feat. AKLOhttps://youtu.be/AWEm4tA2hMc @YouTubeより 


www.youtube.com

領域展開 無量空処(むりょうくうしょ)

宇宙空間のような光景が広がる領域で、引き込んだ相手に無限回の知覚と伝達を強制する。知覚→伝達→行動のサイクルのうちの「知覚と伝達」が無限に終わらないため、相手は思考を行動に移せず何も出来なくなる。いわゆる「領域に引き入れた時点で勝ち」の領域であり、領域内に引き込まれた者は与えられる情報量に脳が耐えられず、廃人と化す渋谷事変では一般人・改造人間・呪霊が入り乱れる中、即興で0.2秒だけの展開を行った。ただしそれだけでも常人なら半年分の情報量=社会復帰に2ヶ月を要する負荷がかかる。

 

"おかまリークス【核戦争の危機は依然として残っている。一万年の平和機構「縄文砂の城」、ロシア・ウクライナ紛争で姿を現し、その平和メカニズム「双頭の鷲」を語る。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーの蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)、フランソワ浦島のサバイバルを陰で支えるウガヤフキアエズ朝の特命ミッションがいま開示される。】" by 髭美人ジャンポール小百合@筆談ホスト. ⚓ https://bit.ly/3D4o0fw

前回までのながれ:ロシア・ウクライナ紛争から半年がたったいま、核戦争の危機が再度喚起される。ロシアウクライナ紛争の情報をもたらす工作員「モスクワの鳩」がウクライナ現地で入手した極秘仄聞情報「縄文砂の城」についての解明の一端が開きつつある。一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーによって、「蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)」を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。フランシスとナタリーの実子である浦島フランソワが、平和政体「縄文砂の城」の嫡嗣を名乗り出ることによって、平和機構のカギである神社としめ縄がウクライナにもたらされる。「ウクライナ神社」において平和祈願が行われ、その平和知識が「余命ゼミナール」に仄聞情報としてもたらされるも、ウクライナ・ロシア情勢を注意深く見守り、適宜に極秘強制指令をだしつづける謎の平和政体「縄文砂の城」。

今回のトピックス:ロシア・ウクライナ紛争は半年の間膠着状態に陥り、核戦争の危機は依然として残っている。東京の某所下町にある「ハトの森」に居を構えるかなまらの右左伊門が伝える一万年の平和機構「縄文砂の城」の極秘仄聞情報。この平和メカニズム「双頭の鷲」が、ロシア・ウクライナ紛争で姿を現し、そのメッセージを克明に伝える。「双頭の鷲」とは、そもそも縄文一万年において争いごとのなかった縄文愛が国の東西、左右に気を付けるようにサーベイすることからきたシンボルイメージであり、歴史上においては、ローマ帝国ビザンツ帝国ロシア帝国などで国章として用いられてきた。現代においては、西に目をやればウクライナ紛争あり、チェルノブイリ原発ザポロージェ原発の核危機があり、東に目を向ければ、台湾有事を発端とする東アジア危機ならびにフクシマ汚染水海洋放出による環太平洋有事の危機がある。この危機的状況に対して、平和機構「縄文砂の城」のウガヤフキアエズ朝では、関係エージェントによるYOUTUBE放送を行い、日本の核武装論の難点を喝破し続けている。右鷲の東はるか彼方に位置するアメリカ合衆国、その核武装ならびに核攻撃、核抑止論では、現代の私たちが抱えるさまざまな危機的状況を乗り切れないことが確認された。ましてや、日本の核武装ならびに核武装論ではみずからを混迷の中に陥れ、二度と立ち上がれなくなることが危惧されている。そこでウガヤフキアエズ朝のエージェントたちは、日本仏教・日本神道ウクライナに持ち込むことにより宗教改革をおこし、「ウクライナ仏教でプーチンの難を逃れよ」「ウクライナ神道プーチン藁人形を奉れ」と左鷲にたいして説く。ところが、ウクライナ・オリガルヒとアゾフ部隊の下請けをする「ウクライナのシロアリ」が敵対勢力として浦島フランソワに立ちはだかり、平和の聖典ウクライナ神社」を、核武装・先制攻撃・情報ハイブリッド戦の戦勝祈願のための軍事施設として改変してしまい、平和の願い「ウクライナ仏教」を緊縛ブッダバーに変えてしまう勢いであるという。ウクライナ神社・ウクライナ寺院で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来てしまうのか。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは、ウクライナ仏教寺院で核弾頭発射の緊縛読経がおこなわれるのか。核戦争の危機が迫る中で、神社仏閣としめ縄を科学する古代縄文物理は突破口を見出せるのか?手に汗を握る攻防戦が待ち受けている。そこに現れる一筋の光明、縄文テクノロジーを駆使した反戦平和の必殺仕事人一文字白蓮があらわれる。

一万年の平和機構「縄文砂の城」の霊脈をつぐ湯島聖堂学派、靴音産業の音無右左伊門。砂の城平和機構がカギを開ける黄金伝説「双頭の鷲」メカニズム。エルシャローム平安京のポジション取りをするオルボンヌシステム、エコルミヤダイ、そして愛の援交キャラバンが番組をつくっています。

 

 

 

天皇陛下にお子様がおられても皇位の継承資格がない不条理】

天皇・皇后両陛下には、お健やかでご聡明というレベルを超えた、光輝くようなお子様がおられる。言うまでもなく、敬宮(としのみや、愛子内親王)殿下だ。にも拘らず、敬宮殿下には皇位の継承資格が認められない。

何故か? 

“女性だから”というのが唯一の理由だ(皇室典範第1条)。

それはおかしい、と直感できるのが健全な“感性”だろう。

不測の事態でもない限り、即位を辞退される可能性が高い“傍系”の秋篠宮殿下に、ご長男の悠仁親王殿下がいらっしゃるから、“直系”の女性のお子様が排除されるのは当然という捉え方は、「男尊女卑」以外に根拠がない。

天皇・皇后両陛下を真に敬愛していたら、出て来ない発想ではあるまいか。しかも普通の“知性”を備えていれば、皇位継承について女性・女系を頑なに排除するルールは“持続不可能”であり、皇室の未来を閉ざすことは確定、という見通しを共有できるはずだ(そのルールが、悠仁殿下のご結婚を至難し、苛酷なご生涯を強制する結果になるであろうことも、改めて言うまでもない)。

追記

今回の参院選では、先に紹介したように全国35都道府県で106人(!)の有志が様々なアプローチの仕方で、女性天皇を可能にする制度改正を、候補者に働きかけておられる(合計345件)。

これは、皇位の安定継承を向けて確固たる信念を持った国民が各地に、今の時点で既に“少なくとも”106人“以上”(強い気持ちはあっても、今回はやむなく動けなかった人も、当然いるはずだから)いることを意味するだろう。心強く有難い(さらに選挙後、当選議員などへの手紙送付は
7月22日、18時の集計で65件!)。

サイト「愛子天皇への道」に、上記の候補者アプローチに力を尽くされた方々のハンドルネームなどを全て網羅した、クレジットタイトル動画「願いは必ず 届く」が公開されている(7月24日公開、映像作家・ねこやなぎ氏作成)。

一連の経緯を承知し、皆さんの報告を漏らさず拝読して来た私には、胸に迫るものがあった。
政治家「世間」に新しい風を吹き込む“きっかけ”となるに違いない、画期的なムーブメントを記念するに相応しい、関係者にとって心に残る作品だ。

なお別件ながら、7月26日発売の「女性自身」に私のコメントが掲載されている。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

 

密教伝承館が洛北大学学生牢敷地に忽然と現れる日

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

"おかまリークス【核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争で姿を現した「縄文砂の城」、一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリー、蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。】" by 髭美人ジャンポール小百合@筆談ホスト. ⚓ https://bit.ly/3x4Awsu
ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来る。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。

前回までのながれ:ロシアウクライナ紛争で姿を現す謎の平和政体「縄文砂の城」、エルシャローム平安京に匹敵する古代日本の縄文システムが暴かれる。閑院流鴨のうえしたに匹敵するさる筋「かなまらの左右衛門」があらわれ、日本の核武装を語り去っていった。余命ゼミで仄聞されたその驚くべき内容は、ウクライナへのロシアによる限定戦術核使用の危険性とからめて論じられ、ロシアの「双頭の鷲(ロシアの悩みを聞いてやれ」」という内容でまとめられた。そこではさらに驚くべきことに、ロシア三分割案が俎上に上がり、縄文時代から築き上げた古代日本の平和機構「双頭の鷲」がその統治機構に組み込まれているという。さらに謎の深まる平和政体「縄文砂の城」の解明が求められる?

 


今回のトピックス:ウクライナに対するロシアの電撃的侵攻から1か月半がたったいま、核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争の情報をもたらす工作員「モスクワの鳩」がウクライナ現地で入手した極秘仄聞情報「縄文砂の城」についての解明の一端が開きつつある。一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーによって、「蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)」を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。フランシスとナタリーの実子である浦島フランソワが、平和政体「縄文砂の城」の嫡嗣を名乗り出ることによって、平和機構のカギである神社としめ縄がウクライナにもたらされる。「ウクライナ神社」において平和祈願が行われ、その平和知識が「余命ゼミナール」に仄聞情報としてもたらされるも、ウクライナ・オリガルヒとアゾフ部隊の下請けをする「ウクライナのシロアリ」が敵対勢力として浦島フランソワに立ちはだかり、平和の聖典ウクライナ神社」を、核武装・先制攻撃・情報ハイブリッド戦の戦勝祈願のための軍事施設として改変してしまう勢いであるという。浦島フランソワの運命やいかに?ウクライナ・ロシア情勢を注意深く見守り、適宜に極秘強制指令をだしつづける謎の平和政体「縄文砂の城」。ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来てしまうのか。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。核戦争の危機が迫る中で、神社としめ縄を科学する古代縄文物理は突破口を見出せるのか?手に汗を握る攻防戦が待ち受けている。

京都緑龍会の霊脈をつぐ京都折田繪小鉄久美。アラカツ平和機構がカギを開ける黄金伝説。エルシャローム平安京のポジション取りをするオルボンヌシステム、エコルミヤダイ、そして愛の援交キャラバンが番組をつくっています。

 

エルシャローム平安京アイーシャを擁立せよ。

 

f:id:TCCpolice:20220222120250p:plain

 

 

 

ムーンショットでゴー

#【養子縁組によって国民が誰でも皇族になれるという斬新プラン】

先日、さる方から皇位の安定継承を巡って質問を戴いた。

その方は、側室不在で非嫡出・非嫡系による皇位の継承可能性が排除された条件下では、いつまでも男系限定を維持できないことは理解されており、いずれ女系継承を容認しなければならないことも分かっておられる。しかし、可能な限り男系維持の為の努力をすべきだという立場だ。

私が先方からの質問を受けて、その質問内容に限定した範囲で回答するという形で、長文によるやり取りを何回か繰り返した。その内容を圧縮・再整理して紹介すれば以下の通り。

質問=旧宮家系国民男性は誰も皇籍取得する意思を持っていないという意見がある。しかし、対象者全員にその意思が全くないと断言できるのか。できるなら、その確かな根拠を教えて欲しい。もしその根拠が完璧なものでなければ、たとえ僅かな可能性でも意思を持っている当事者がいるかも知れないので、旧宮家系男性の養子縁組プランという選択肢も全面的には除外できないのではないか。

回答=当事者の意思以前に、対象者は全て(憲法第1章が優先的に適用される皇室の方々ではなく)憲法第3章が全面的に適用される国民なので、養子縁組プランは特定の血筋・家柄の国民“だけ”が特権的に養子縁組によって皇籍を取得できる制度になり、憲法が禁じた「門地による差別」(第14条)に該当するので認められない。

質問=しかし、皇后陛下をはじめ、上皇后陛下や各妃殿下方も皆様、元は国民だった方々ばかりだ。それでも皇族になられて、違憲という問題も生じていない。同じようなやり方はできないのか。

回答=皇后陛下などご婚姻によって皇族になられる場合、対象者に特定の血統・家柄という限定がないので「門地による差別」に当たらず、憲法違反にはならない。しかし、養子縁組プランの場合は、対象者を旧宮家系男性あるいは「皇統に属する男系の男子」に限定しており、この限定がある以上、憲法違反を免れない(男性に限定すれば“性別による差別”にも当たる。同じく憲法第14条)。

質問=ならば養子縁組プランでも、制度上は全ての制限を外して国民は誰でも(血統も性別も関係なく)養子縁組で皇族になれる仕組みを作り、実際の運用において旧宮家系男性に限定すれば、憲法違反を免れることができるのではないか。

回答=そのような欺瞞的な制度運用を図った場合、違憲逃れの見え透いた隠れ簑であることがたちどころに見破られ、皇室への信頼感、素直な敬愛の気持ちが決定的に損なわれることは、火を見るよりも明らだ。その上、制度の仕組み通りに運用される可能性を一切排除することは難しく、皇室の尊厳と存続自体の深刻な危機を招きかねない。

――以上のやり取りの末、先方はご自身のプランに「実に様々な問題がありそう」と率直に認められ、「さらに深く考えて参りたい」と再考をしっかり約束してくれた。いささか時間を取られたが、全く時間の空費でもなかっただろう…と信じたい。国民が“誰でも”養子縁組で皇族になれるプランを持ち出された時には、さすがに少し呆れたが。

皇室の品格、尊厳、聖域性を本気で重んじようとするのか。目先だけの誤魔化しに逃げ込まず、根本的な解決策を真剣に求めようとするのか。

そこが問われる。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/ 

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

 

先制攻撃は仕掛けられた

高村薫 『神の火〔上〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134712/

原発技術者だったかつて、極秘情報をソヴィエトに流していた島田。謀略の日々に訣別し、全てを捨て平穏な日々を選んだ彼は、己れをスパイに仕立てた男と再会した時から、幼馴染みの日野と共に、謎に包まれた原発襲撃プラン〈トロイ計画〉を巡る、苛烈な諜報戦に巻き込まれることになった……。国際政治の激流に翻弄される男達の熱いドラマ。全面改稿、加筆400枚による文庫化!

 


高村薫 『神の火〔下〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134713/

スパイ小説と危機小説の見事な融合! 苛烈な諜報戦が沸点に達した時、破天荒な原発襲撃計画が動きだした――。 〈トロイ計画〉の鍵を握るマイクロフィルムを島田は入手した。CIA・KGB北朝鮮情報部・日本公安警察……4国の諜報機関の駆け引きが苛烈さを増す中、彼は追い詰められてゆく。最後の頼みの取引も失敗した今、彼と日野は、プランなき「原発襲撃」へ動きだした――。完璧な防御網を突破して、現代の神殿の奥深く、静かに燃えるプロメテウスの火を、彼らは解き放つことができるか?

 

f:id:TCCpolice:20220220134859p:plain

獄門疆(ごくもんきょう)
特級呪物。生きた結界・源信の成れの果ての姿であり、封印できないモノはない。外見はルービックキューブサイズの立方体で、サイコロと同じく対面の和が7になるように目が振られており、目はギョロギョロ動く方の目。単行本19巻同梱版に付属するレプリカでは、瞳は赤い事がわかる。
内側では物理的な時間が流れておらず、封印期間に制限はない模様(使用者曰く、封印を解くのは100年か1000年後)。また、定員は一名で、封印された人間が自死しない限りは再使用不可能。そのことから被封印者は内部である程度自由があることがわかる。更に、封印が完了していても被封印者の技量によってはその情報を獄門疆が処理しきれず、質量が変化して地面にめり込む事がある。
作中では五条悟を戦闘不能に追い込むために使用される。

開門後、対象を一分間、獄門疆から半径4メートル以内に留めることで、相手の動きを封じ込める事ができる。効果は絶大であり、一度嵌ってしまうと体に力を入れられず、呪力も断たれる。五条ですら「詰んだ」と即座に判断して脱出を諦めるほど。
また封印条件の「一分」とは対象者の脳内時間での一分であり、現実での数秒の足止めも、対象を混乱させたり苦悩させることで有効なものとする事ができる。漏瑚達は呪霊と一緒に大量の一般人を五条自身が殺さなければ更に人が死ぬという状況を作り出し、五条を悩ませる方法で封印を試みるが偽夏油は開門しなかった上に、五条は即座に領域を展開し失敗。
領域を0.2秒で閉じた後に改造人間を鏖殺して疲労した五条の傍らで獄門疆が開き、その不気味な瞳に動揺した五条がその場を離れようとしたその瞬間、昨年に自分が討った親友、夏油傑と同じ姿の男が現れる。前置きのない死者の登場に五条は偽物であることを疑うが、彼の持つ六眼に映る肉体と呪力は夏油のものであり、本物という結論に至って五条は混乱。脳内で一分が一瞬で経過し、獄門疆に拘束され、封印された。

 

●J-PARC2125(ジェイパーク2125核査察)
https://drive.google.com/open?id=19DvtIz5bMBEauLO93LlmuAiVAvfZ7pN_
●【ジェイパークを生み出すチカラ #J_PARC】
https://j-parc2125.blogspot.com
●数理系シャーマン編集局  「数理系シャーマン」がいざなう日本の原子力魔界探訪
https://note.com/2018_08_blog
●レムリアの扉 - オカルト科学捜査一課 
https://llemuriangate.blogspot.com
時空警察TCC 核密教エクソシスト、核と悪霊の事件簿
https://tccpolice.hatenablog.com

1986年 チェルノブイリ事故
1987年 水戸巌父子3人(反原発活動家)アルプス遭難死亡
1994年 五條氏母死亡
1995年 もんじゅ事故、オウムサリン事件、阪神淡路大震災
1996年 旧動燃西村次長自殺
1997年 東電OL事件、東海村ジェイパーク名称採用(五條氏本人に関すること)
1999年 盗聴法成立、JCO事故
2001年 特殊法人改革法案制定
2002年 石井こうき議員殺害事件
2011年 フクシマ311災害
2016年 群発地震「骨壺2125」(五條氏に関すること)
2018年 五條氏父死去

 

f:id:TCCpolice:20220221002552p:plain

 

地政学に蠢くゲンパツ金目経

 

f:id:TCCpolice:20201012234800j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819192355j:plain

 

f:id:TCCpolice:20211011164922j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819100337j:plain

私は原子力研究機関にいたとき、東海村原子力施設にJ-PARCジェイパークという名前を付けました。この施設は運用者の考え方次第で潜在的核兵器開発になりえます。パークは公園です。つまり、核兵器開発施設にもなりうる研究者の遊園地です。私は東海村を20年以上前にでましたが、ジェイパークと言う施設はいまも稼働しています。現実にはなにがおこなわれているのでしょう?神のみが知る、です。

 

f:id:TCCpolice:20210819100256j:plain

f:id:TCCpolice:20210624053151j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210214010045j:plain

 

f:id:TCCpolice:20201012234728j:plain

 

 

 






 

 

 

 

 

 

ゲンパツ金目教のカネダセ・カツアゲ・戦争ヤルヤル詐欺。原発起爆剤という名の人類麻薬、採取した地下水40万ベクレル/リットル。ウクライナ汚い爆弾、ゲンパツ金目教の汚いデバガメ、原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神。10月25日石井紘基事件20年。【ウクライナ戦争】ロシア大統領、ウクライナ戦争を「悪魔払い」と呼び始める。ロシア正教、プーチン大統領を「首席エクソシスト」に任命。タッカーカールソンも開いた口が塞がらない 🇺🇦ゼレンスキー50億ドル:7000億円支援を要求。

 

フォトは2013年に福島第一原発で、300トンの汚染水が漏れたタンクの近くに掘った観測用井戸の地下水から、それまでで最も高い1リットルあたり40万ベクレルの放射性物質が検出されました。
2022年の今月、東京電力の日報でNo.2-5孔地下水の状況を見ると、全ベータ濃度が過去最高の値を出しています。
最近、この地点の全ベータ値は漸増気味です。
この地点の地下水は全ベータ値の大部分がストロンチウム90によると推定されます。
【No.2-5孔地下水の全ベータ濃度】
11/07 98万 Bq/L(今回の最高値)
10/24    94万 Bq/L(前回の最高値)
えと、2013年より倍以上に増えているんです。
今から442年後の2464年にもまだ増え続けているかも知れませんね。
これ私達の責任ですし、生きてようと死んでようと最低限でも、この被害から子どもを守る義務が私達にはあります。
火事は1日もすれば燃え尽きます。
ですが、原発災害を一度起こすと、何万年か被害が続きます。
私達は責任の取れない事してよいのでしょうか?
未来の子ども達になんて謝ったらいいのでしょうか?
儲からない話です。
面白くもありません。
嫌な話ですが、本当の事なんです。
こんな状態で、汚染水を薄めて海に流します?
老朽化原発再稼働します?
原発新増設します?
そんな非道な事を言う政府だの、経済がアレだから原発再稼働だとか言う奴は・・・ 絶対にアカンですよね。

 

 

 

ウクライナ汚い爆弾、ゲンパツ金目教の汚いデバガメ、原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神。

 

 

 

 



 

 

説明がありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石井紘基氏、初当選が1993年で、
2002年には亡くなっている(61歳没)。

つまり、30年間、政治家が宗教団体の言いなり状態は継続し続けているわけだ。

30年以上も言いなりだともう身に染みついてしまっており、
ちょっとやそっとでは治らない。

自分だけではなく、親の代からだろう。安倍氏はお爺ちゃんの代からだが・・・

この際、関係者はもちろん、世襲も一掃し、「何か言うと出てくる」自民党議員は、全員きっぱり辞めさせて仕切り直した方が良いだろう。



 

 

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神を核査察せよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア正教会はこのほど、同国のウラジーミル・プーチン大統領を、悪魔祓いをする「首席エクソシスト」に任命した。

 

ロシア政府は、ウクライナへの軍事侵攻の目標を「再定義」しようとしているようだ。2月24日に「特別軍事作戦」としてウクライナへの侵攻を開始した時、プーチンはその目標をウクライナの「非ナチ化」だと述べていた。だがロシア政府の最高意思決定機関である安全保障会議は今、それを「脱サタン化」という言葉にすり変えつつある。

安全保障会議のアレクセイ・パブロフ書記補佐は、ウクライナ市民はロシア正教の価値観を捨てたと批判。ウクライナには「何百もの宗派」があると述べ、ウクライナの「脱サタン化」を呼びかけている。

ロシア国営のタス通信によると、パブロフは「ウクライナの脱サタン化を実行する上で、特別軍事作戦の継続がこれまで以上に差し迫って必要だと確信している」と述べた。「ウクライナ政府はインターネット上の情報操作やサイコテクノロジー(心理操作)を使って、ウクライナ主権国家から全体主義の急進宗教に変えた」

パブロフはさらに、ウクライナには「特定の目標に向けて活動を活発化させている、何百もの宗派がある」と主張。とりわけ懸念されるのが、「アメリカで正式に登録されている宗教の一つ」で「ウクライナ全域に広まっている」疑いがある「サタン教会」だという。

西側諸国は「悪魔崇拝

パブロフは、「ロシア人を殺せという呼びかけ」は「サタニズム(悪魔崇拝主義)」の兆候であり、ウクライナではこれが国家レベルで受け入れられていると主張。ウクライナ政府は市民に対して、ロシア正教の価値観を捨てるよう強要し、市民の考え方を「再設定」して何百年も続く伝統を放棄させ、ロシア正教イスラム教、ユダヤ教の信仰に基づく真の価値観を禁止しようと画策していると述べた。

プーチンは9月、西側諸国が「茶番」と批判した住民投票を経てウクライナの4州を一方的に併合した際、西側諸国は「純然たるサタニズム(悪魔崇拝)」を推し進めていると非難した。

「西側諸国の独裁エリート層は、西側諸国の国民を含め、あらゆる社会を狙っている。これは全ての人への挑戦だ」とプーチンは述べた。「このような人間の完全否定、信仰と伝統的な価値観の否定、自由の抑圧は、純然たるサタニズム(悪魔崇拝)の特徴を帯びている」

これ以後、「サタニズム」という言葉はロシア国営テレビでさらに頻繁に使われるようになり、プーチンに忠誠を誓うチェチェン共和国ラムザン・カディロフ首長は、ウクライナでの戦闘を「サタニズムに対する聖戦」と称した。

プーチンは「闘士」であり「首席エクソシスト
こうしたなか、地元メディアによればロシア正教会トップのキリル総主教は25日、プーチンを「反キリストを掲げる者に立ち向かう闘士」や「首席エクソシスト」と称し、プーチングローバリズムと戦っており、「世界的な権力を主張する者は、世界の終わりを招くことになるだろう」と述べた。

総主教はまた、プーチンウクライナ戦争のために予備役を動員する決定を下したことについて、ロシア人は死を恐れてはならないと主張。9月22日にモスクワのザチャチエフスキー修道院で行った説教の中で、「勇敢に軍での使命を果たしなさい。国のために命を捧げる者は、神の国と栄光と永遠の命の中で、神と共にあることを覚えておきなさい」と述べた。

 

1人、、「WILLIAMPETERBLATTY'S BLATTY'S L'EXORCISTE」というテキストの画像のようです

 


ウクライナ戦争】ロシア大統領、ウクライナ戦争を「悪魔払い」と呼び始める。ロシア正教プーチン大統領を「首席エクソシスト」に任命

 



 

 

 

 

 

 

 

 



Puede ser una imagen de 5 personas y al aire libre

ありえないが、もし日本がNATOに加盟したら・・・
自衛隊の募集人員ですら集まらない若者が少ないこの国では、徴兵制度にするしかないのだよ?
今までと違って、お金で済む話の日米安保体制と違うんだよ。
***
橋下氏は「憲法改正をする中で日本国民が考えなければいけないのは、アメリカを含めて同盟国のために一緒になって戦うということ。“戦争に巻き込まれる”ではなくて、“自分たちを守るために積極的にやる”という考え方になるかどうか」と投げかける。
Based from: 「日本は憲法改正してNATO加盟を」「今はお金ばかりがかかった非効率な状態だ」 日本の防衛めぐり高橋洋一氏&橋下徹氏(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース - <https://news.yahoo.co.jp/.../ed3555b8bce541d099e944a576d3...>
防衛力どころか、戦闘能力の無い日本のモヤシな若者が、ネトゲの延長のつもりで銃持って、泥沼を匍匐前進できると思うなら、日本会議日本財団統一教会に貢ぎ、自民党創価に維新に投票を続けるが良い。
笑止千万

【激論】核シェアリング論者に呆れる伊藤貫【上念司】 https://youtu.be/6pIxFw39aZY @YouTubeより 


www.youtube.com

 

 

 

 



"おかまリークス【核戦争の危機は依然として残っている。一万年の平和機構「縄文砂の城」、ロシア・ウクライナ紛争で姿を現し、その平和メカニズム「双頭の鷲」を語る。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーの蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)、フランソワ浦島のサバイバルを陰で支えるウガヤフキアエズ朝の特命ミッションがいま開示される。】" by 髭美人ジャンポール小百合@筆談ホスト. ⚓ https://bit.ly/3D4o0fw

前回までのながれ:ロシア・ウクライナ紛争から半年がたったいま、核戦争の危機が再度喚起される。ロシアウクライナ紛争の情報をもたらす工作員「モスクワの鳩」がウクライナ現地で入手した極秘仄聞情報「縄文砂の城」についての解明の一端が開きつつある。一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーによって、「蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)」を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。フランシスとナタリーの実子である浦島フランソワが、平和政体「縄文砂の城」の嫡嗣を名乗り出ることによって、平和機構のカギである神社としめ縄がウクライナにもたらされる。「ウクライナ神社」において平和祈願が行われ、その平和知識が「余命ゼミナール」に仄聞情報としてもたらされるも、ウクライナ・ロシア情勢を注意深く見守り、適宜に極秘強制指令をだしつづける謎の平和政体「縄文砂の城」。

今回のトピックス:ロシア・ウクライナ紛争は半年の間膠着状態に陥り、核戦争の危機は依然として残っている。東京の某所下町にある「ハトの森」に居を構えるかなまらの右左伊門が伝える一万年の平和機構「縄文砂の城」の極秘仄聞情報。この平和メカニズム「双頭の鷲」が、ロシア・ウクライナ紛争で姿を現し、そのメッセージを克明に伝える。「双頭の鷲」とは、そもそも縄文一万年において争いごとのなかった縄文愛が国の東西、左右に気を付けるようにサーベイすることからきたシンボルイメージであり、歴史上においては、ローマ帝国ビザンツ帝国ロシア帝国などで国章として用いられてきた。現代においては、西に目をやればウクライナ紛争あり、チェルノブイリ原発ザポロージェ原発の核危機があり、東に目を向ければ、台湾有事を発端とする東アジア危機ならびにフクシマ汚染水海洋放出による環太平洋有事の危機がある。この危機的状況に対して、平和機構「縄文砂の城」のウガヤフキアエズ朝では、関係エージェントによるYOUTUBE放送を行い、日本の核武装論の難点を喝破し続けている。右鷲の東はるか彼方に位置するアメリカ合衆国、その核武装ならびに核攻撃、核抑止論では、現代の私たちが抱えるさまざまな危機的状況を乗り切れないことが確認された。ましてや、日本の核武装ならびに核武装論ではみずからを混迷の中に陥れ、二度と立ち上がれなくなることが危惧されている。そこでウガヤフキアエズ朝のエージェントたちは、日本仏教・日本神道ウクライナに持ち込むことにより宗教改革をおこし、「ウクライナ仏教でプーチンの難を逃れよ」「ウクライナ神道プーチン藁人形を奉れ」と左鷲にたいして説く。ところが、ウクライナ・オリガルヒとアゾフ部隊の下請けをする「ウクライナのシロアリ」が敵対勢力として浦島フランソワに立ちはだかり、平和の聖典ウクライナ神社」を、核武装・先制攻撃・情報ハイブリッド戦の戦勝祈願のための軍事施設として改変してしまい、平和の願い「ウクライナ仏教」を緊縛ブッダバーに変えてしまう勢いであるという。ウクライナ神社・ウクライナ寺院で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来てしまうのか。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは、ウクライナ仏教寺院で核弾頭発射の緊縛読経がおこなわれるのか。核戦争の危機が迫る中で、神社仏閣としめ縄を科学する古代縄文物理は突破口を見出せるのか?手に汗を握る攻防戦が待ち受けている。そこに現れる一筋の光明、縄文テクノロジーを駆使した反戦平和の必殺仕事人一文字白蓮があらわれる。

一万年の平和機構「縄文砂の城」の霊脈をつぐ湯島聖堂学派、靴音産業の音無右左伊門。砂の城平和機構がカギを開ける黄金伝説「双頭の鷲」メカニズム。エルシャローム平安京のポジション取りをするオルボンヌシステム、エコルミヤダイ、そして愛の援交キャラバンが番組をつくっています。

 

 

 

天皇陛下にお子様がおられても皇位の継承資格がない不条理】

天皇・皇后両陛下には、お健やかでご聡明というレベルを超えた、光輝くようなお子様がおられる。言うまでもなく、敬宮(としのみや、愛子内親王)殿下だ。にも拘らず、敬宮殿下には皇位の継承資格が認められない。

何故か? 

“女性だから”というのが唯一の理由だ(皇室典範第1条)。

それはおかしい、と直感できるのが健全な“感性”だろう。

不測の事態でもない限り、即位を辞退される可能性が高い“傍系”の秋篠宮殿下に、ご長男の悠仁親王殿下がいらっしゃるから、“直系”の女性のお子様が排除されるのは当然という捉え方は、「男尊女卑」以外に根拠がない。

天皇・皇后両陛下を真に敬愛していたら、出て来ない発想ではあるまいか。しかも普通の“知性”を備えていれば、皇位継承について女性・女系を頑なに排除するルールは“持続不可能”であり、皇室の未来を閉ざすことは確定、という見通しを共有できるはずだ(そのルールが、悠仁殿下のご結婚を至難し、苛酷なご生涯を強制する結果になるであろうことも、改めて言うまでもない)。

追記

今回の参院選では、先に紹介したように全国35都道府県で106人(!)の有志が様々なアプローチの仕方で、女性天皇を可能にする制度改正を、候補者に働きかけておられる(合計345件)。

これは、皇位の安定継承を向けて確固たる信念を持った国民が各地に、今の時点で既に“少なくとも”106人“以上”(強い気持ちはあっても、今回はやむなく動けなかった人も、当然いるはずだから)いることを意味するだろう。心強く有難い(さらに選挙後、当選議員などへの手紙送付は
7月22日、18時の集計で65件!)。

サイト「愛子天皇への道」に、上記の候補者アプローチに力を尽くされた方々のハンドルネームなどを全て網羅した、クレジットタイトル動画「願いは必ず 届く」が公開されている(7月24日公開、映像作家・ねこやなぎ氏作成)。

一連の経緯を承知し、皆さんの報告を漏らさず拝読して来た私には、胸に迫るものがあった。
政治家「世間」に新しい風を吹き込む“きっかけ”となるに違いない、画期的なムーブメントを記念するに相応しい、関係者にとって心に残る作品だ。

なお別件ながら、7月26日発売の「女性自身」に私のコメントが掲載されている。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

 

密教伝承館が洛北大学学生牢敷地に忽然と現れる日

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

"おかまリークス【核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争で姿を現した「縄文砂の城」、一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリー、蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。】" by 髭美人ジャンポール小百合@筆談ホスト. ⚓ https://bit.ly/3x4Awsu
ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来る。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。

前回までのながれ:ロシアウクライナ紛争で姿を現す謎の平和政体「縄文砂の城」、エルシャローム平安京に匹敵する古代日本の縄文システムが暴かれる。閑院流鴨のうえしたに匹敵するさる筋「かなまらの左右衛門」があらわれ、日本の核武装を語り去っていった。余命ゼミで仄聞されたその驚くべき内容は、ウクライナへのロシアによる限定戦術核使用の危険性とからめて論じられ、ロシアの「双頭の鷲(ロシアの悩みを聞いてやれ」」という内容でまとめられた。そこではさらに驚くべきことに、ロシア三分割案が俎上に上がり、縄文時代から築き上げた古代日本の平和機構「双頭の鷲」がその統治機構に組み込まれているという。さらに謎の深まる平和政体「縄文砂の城」の解明が求められる?

 


今回のトピックス:ウクライナに対するロシアの電撃的侵攻から1か月半がたったいま、核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争の情報をもたらす工作員「モスクワの鳩」がウクライナ現地で入手した極秘仄聞情報「縄文砂の城」についての解明の一端が開きつつある。一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーによって、「蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)」を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。フランシスとナタリーの実子である浦島フランソワが、平和政体「縄文砂の城」の嫡嗣を名乗り出ることによって、平和機構のカギである神社としめ縄がウクライナにもたらされる。「ウクライナ神社」において平和祈願が行われ、その平和知識が「余命ゼミナール」に仄聞情報としてもたらされるも、ウクライナ・オリガルヒとアゾフ部隊の下請けをする「ウクライナのシロアリ」が敵対勢力として浦島フランソワに立ちはだかり、平和の聖典ウクライナ神社」を、核武装・先制攻撃・情報ハイブリッド戦の戦勝祈願のための軍事施設として改変してしまう勢いであるという。浦島フランソワの運命やいかに?ウクライナ・ロシア情勢を注意深く見守り、適宜に極秘強制指令をだしつづける謎の平和政体「縄文砂の城」。ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来てしまうのか。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。核戦争の危機が迫る中で、神社としめ縄を科学する古代縄文物理は突破口を見出せるのか?手に汗を握る攻防戦が待ち受けている。

京都緑龍会の霊脈をつぐ京都折田繪小鉄久美。アラカツ平和機構がカギを開ける黄金伝説。エルシャローム平安京のポジション取りをするオルボンヌシステム、エコルミヤダイ、そして愛の援交キャラバンが番組をつくっています。

 

エルシャローム平安京アイーシャを擁立せよ。

 

f:id:TCCpolice:20220222120250p:plain

 

 

 

ムーンショットでゴー

#【養子縁組によって国民が誰でも皇族になれるという斬新プラン】

先日、さる方から皇位の安定継承を巡って質問を戴いた。

その方は、側室不在で非嫡出・非嫡系による皇位の継承可能性が排除された条件下では、いつまでも男系限定を維持できないことは理解されており、いずれ女系継承を容認しなければならないことも分かっておられる。しかし、可能な限り男系維持の為の努力をすべきだという立場だ。

私が先方からの質問を受けて、その質問内容に限定した範囲で回答するという形で、長文によるやり取りを何回か繰り返した。その内容を圧縮・再整理して紹介すれば以下の通り。

質問=旧宮家系国民男性は誰も皇籍取得する意思を持っていないという意見がある。しかし、対象者全員にその意思が全くないと断言できるのか。できるなら、その確かな根拠を教えて欲しい。もしその根拠が完璧なものでなければ、たとえ僅かな可能性でも意思を持っている当事者がいるかも知れないので、旧宮家系男性の養子縁組プランという選択肢も全面的には除外できないのではないか。

回答=当事者の意思以前に、対象者は全て(憲法第1章が優先的に適用される皇室の方々ではなく)憲法第3章が全面的に適用される国民なので、養子縁組プランは特定の血筋・家柄の国民“だけ”が特権的に養子縁組によって皇籍を取得できる制度になり、憲法が禁じた「門地による差別」(第14条)に該当するので認められない。

質問=しかし、皇后陛下をはじめ、上皇后陛下や各妃殿下方も皆様、元は国民だった方々ばかりだ。それでも皇族になられて、違憲という問題も生じていない。同じようなやり方はできないのか。

回答=皇后陛下などご婚姻によって皇族になられる場合、対象者に特定の血統・家柄という限定がないので「門地による差別」に当たらず、憲法違反にはならない。しかし、養子縁組プランの場合は、対象者を旧宮家系男性あるいは「皇統に属する男系の男子」に限定しており、この限定がある以上、憲法違反を免れない(男性に限定すれば“性別による差別”にも当たる。同じく憲法第14条)。

質問=ならば養子縁組プランでも、制度上は全ての制限を外して国民は誰でも(血統も性別も関係なく)養子縁組で皇族になれる仕組みを作り、実際の運用において旧宮家系男性に限定すれば、憲法違反を免れることができるのではないか。

回答=そのような欺瞞的な制度運用を図った場合、違憲逃れの見え透いた隠れ簑であることがたちどころに見破られ、皇室への信頼感、素直な敬愛の気持ちが決定的に損なわれることは、火を見るよりも明らだ。その上、制度の仕組み通りに運用される可能性を一切排除することは難しく、皇室の尊厳と存続自体の深刻な危機を招きかねない。

――以上のやり取りの末、先方はご自身のプランに「実に様々な問題がありそう」と率直に認められ、「さらに深く考えて参りたい」と再考をしっかり約束してくれた。いささか時間を取られたが、全く時間の空費でもなかっただろう…と信じたい。国民が“誰でも”養子縁組で皇族になれるプランを持ち出された時には、さすがに少し呆れたが。

皇室の品格、尊厳、聖域性を本気で重んじようとするのか。目先だけの誤魔化しに逃げ込まず、根本的な解決策を真剣に求めようとするのか。

そこが問われる。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/ 

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

 

先制攻撃は仕掛けられた

高村薫 『神の火〔上〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134712/

原発技術者だったかつて、極秘情報をソヴィエトに流していた島田。謀略の日々に訣別し、全てを捨て平穏な日々を選んだ彼は、己れをスパイに仕立てた男と再会した時から、幼馴染みの日野と共に、謎に包まれた原発襲撃プラン〈トロイ計画〉を巡る、苛烈な諜報戦に巻き込まれることになった……。国際政治の激流に翻弄される男達の熱いドラマ。全面改稿、加筆400枚による文庫化!

 


高村薫 『神の火〔下〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134713/

スパイ小説と危機小説の見事な融合! 苛烈な諜報戦が沸点に達した時、破天荒な原発襲撃計画が動きだした――。 〈トロイ計画〉の鍵を握るマイクロフィルムを島田は入手した。CIA・KGB北朝鮮情報部・日本公安警察……4国の諜報機関の駆け引きが苛烈さを増す中、彼は追い詰められてゆく。最後の頼みの取引も失敗した今、彼と日野は、プランなき「原発襲撃」へ動きだした――。完璧な防御網を突破して、現代の神殿の奥深く、静かに燃えるプロメテウスの火を、彼らは解き放つことができるか?

 

f:id:TCCpolice:20220220134859p:plain

 

 

●J-PARC2125(ジェイパーク2125核査察)
https://drive.google.com/open?id=19DvtIz5bMBEauLO93LlmuAiVAvfZ7pN_
●【ジェイパークを生み出すチカラ #J_PARC】
https://j-parc2125.blogspot.com
●数理系シャーマン編集局  「数理系シャーマン」がいざなう日本の原子力魔界探訪
https://note.com/2018_08_blog
●レムリアの扉 - オカルト科学捜査一課 
https://llemuriangate.blogspot.com
時空警察TCC 核密教エクソシスト、核と悪霊の事件簿
https://tccpolice.hatenablog.com

1986年 チェルノブイリ事故
1987年 水戸巌父子3人(反原発活動家)アルプス遭難死亡
1994年 五條氏母死亡
1995年 もんじゅ事故、オウムサリン事件、阪神淡路大震災
1996年 旧動燃西村次長自殺
1997年 東電OL事件、東海村ジェイパーク名称採用(五條氏本人に関すること)
1999年 盗聴法成立、JCO事故
2001年 特殊法人改革法案制定
2002年 石井こうき議員殺害事件
2011年 フクシマ311災害
2016年 群発地震「骨壺2125」(五條氏に関すること)
2018年 五條氏父死去

 

f:id:TCCpolice:20220221002552p:plain

 

地政学に蠢くゲンパツ金目経

 

f:id:TCCpolice:20201012234800j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819192355j:plain

 

f:id:TCCpolice:20211011164922j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819100337j:plain

私は原子力研究機関にいたとき、東海村原子力施設にJ-PARCジェイパークという名前を付けました。この施設は運用者の考え方次第で潜在的核兵器開発になりえます。パークは公園です。つまり、核兵器開発施設にもなりうる研究者の遊園地です。私は東海村を20年以上前にでましたが、ジェイパークと言う施設はいまも稼働しています。現実にはなにがおこなわれているのでしょう?神のみが知る、です。

 

f:id:TCCpolice:20210819100256j:plain

f:id:TCCpolice:20210624053151j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210214010045j:plain

 

f:id:TCCpolice:20201012234728j:plain

 

 

 

 

ゲンパツ金目教、アベノコクソウで新たな1ページを開く。原子力千年王国の扉は開いてしまうのか?ロシア新併合地域での核実験、小型核から中型核の可変出力。ツァーリ級核爆弾。中露の日本列島周辺巡回とJ-PARCのロシア風ラベル「コンプレックス」。原子力ロンダリング、小泉純一郎氏「原発新増設など愚か」岸田首相をバッサリ。【白井聡 ニッポンの正体】国会エネルギー調査会(準備会)第97回

 

 

ババア連中の行楽だよ、悲しんでいるとかいってるけど、極端な喜怒哀楽の劇をみてりゃ、そりゃだれだって泣いたりするわな。で、それがナニ?って。


 



 

 

 

金ちゃんが、岸田に頼まれて花火を揚げたそうなw

 
「真の変革は、危機状況によってのみ可能となる」として、コロナで首を絞め、アベノミクスの失態を隠し、新興宗教に法を乗っ取られた状態を隠蔽するために、経済が苦しいのは他国のせいだと言うのは、第一次世界大戦でも第二次世界大戦でも同じだった。この使い古された脅迫での統制はショック・ドクトリンと呼ばれ、現代の最も危険な思想である。緊急事態だからとなんでもありにするつもりだ。 そして、近年の悪名高い人権侵害は、反民主主義的な体制による残虐行為と見るばかりでなく、民衆を震え上がらせて抵抗力を奪うために綿密に計画され、急進的な市場主義改革を強行するために利用されてきた歴史がある。
そしてそこで起こる恐怖政治とは、権力者が、自らに反対するものを投獄したり、殺戮したりなどという苛烈かつ暴力的な手段を用いて弾圧することによって国民に恐怖を抱かせ、強引に自らの権力を保つような政治全般のことである。 「暗黒政治」ともいう
 

原発の運転最長60年規定を削除へ
2022/10/05
 原子力規制委員会の山中伸介委員長は5日、原発の運転期間を原則40年、最長60年とするルールを原子炉等規制法から削除する見通しを示した。政府が電力の安定供給や脱炭素促進などに向け、原発を最大限活用する方針を示したことを踏まえた対応。
© 一般社団法人共同通信社
Based from: 原発の運転最長60年規定を削除へ | 共同通信 - <https://nordot.app/950302609328652288>
もう規制は終わったな。。。

 

北朝鮮が東北地方を飛び越えるルートで弾道ミサイルを試射した。米軍基地が集中するグアム島を射程に収める射程5000㌔程度の「火星12」を使って9月下旬に行われた米韓共同演習に対抗すると同時にミサイル精度を高める一石二鳥の狙いとみられる。
 旧統一教会国葬問題で内閣支持率がガタ減りする岸田政権にとっては「追い風」といえる。対外的な危機は国内の団結を促し、ひいては支持率上昇につながるからだ。
 予想した通り、浜田靖一防衛相は、国民の不安な気持ちに便乗する形で「反撃能力の保有を含め、防衛力を抜本的に強化する」と訴え始めた。ロシアによるウクライナ侵攻を利用して「敵基地攻撃能力の保有」や「防衛費のGDP2%増」を訴えたのと同じ流れである。
 北朝鮮のミサイルが日本を飛び越えたのは今回で5回目だ。北朝鮮が核・ミサイル開発を急ぐのは、米国の核戦力に対抗する抑止力とする狙いであることは、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」を通じて北朝鮮が何度も明らかにしている。
 米国の餌食になったイラクリビアの二の舞にならないための「強力な抑止力」としての核・ミサイル開発であり、同時に米国との交渉材料とすることで和平条約の呼び水としたい思惑がある。
 日本の防衛省が警戒するのは長射程ミサイルの開発は、日本を射程に入れるミサイルの精度を高めることにつながるためであり、今回のミサイル試射そのものが脅威だからではない。
 はっきり言って、日本など金正恩総書記の眼中にはない。日本政府の言う「北京の大使館ルートを通じた北朝鮮への抗議」とはファクスを一方的に送付するだけであることは公然の秘密だ。政府による大騒ぎは国内向けであることを理解しなければならない。

原子力ロンダリング日本JAEAの高温ガス炉(HTGR,HTTR)はとっくの昔に開発し終わっていて、中央リニアで地下原発として活用する目論見であったが、フクシマ311で原発自体が大きく頓挫し、活用できないでいる。開発計画を米国や英国などの諸外国でもちあい(たらいまわし)にすることで、資金の枯渇をふせぎ生き残りのためのステルスマーケティングに備えている。

原子力ロンダリングもんじゅ事故が相次いでいたなか、米国は早い時期に高速炉計画に先進していたが長い間断念していたかに見えた。その米国がなぜいま高速炉計画なのか?理由は、インド中国など途上国における原発需要の高まり。日本のもんじゅ廃炉になろうとも、日本がこれまでに得た技術とデータの再利用だけは行い、つぎのニーズに備えている。

 

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神を核査察せよ!

 

 

 

 

 

 

 

 



小泉純一郎氏「原発新増設など愚か」岸田首相をバッサリ
「首相の判断で原発をゼロにできるのに、やるべきことをやっていない。非常に残念だ」。
「日本は原発ゼロでやっていけることを事実が証明している。福島の原発事故後、(2013年9月から15年8月まで約2年間)原発が全基停止したが、夏も冬も停電などなかった。「原発ゼロ」にできるのに、どうしてやらないのか。」
「岸田首相の決断は逆の方向に行っている。悪い方の決断だ。原発ゼロにできる立場なのに、やるべきことをやっていない。非常に残念だ」
原発がクリーンで安全で、コストが安いなどというのは全部ウソだとわかったからだ。私はそれを全国各地で講演しているが、経済産業省から抗議は来ない。これも書いたっていいよ。原発推進論者の3大大義名分(クリーンで安全でコストが安い)は全部ウソ」
「日本は地震津波、火山があって、原発をやってはいけない国なんだ。自然災害が多いんだから。一番、原発をやってはいけない国ですよ。」
毎日新聞  経済プレミア・トピックス 2022年9月28日

 

現在のウクライナ情勢に関しての見解:ブダペスト覚書(1994)で定めたソ連核弾頭撤去とともにドンバス、南部、クリミア半島などをロシアに編入してウクライナ国境を引きなおすべきであった。それができていれば、無血で領土問題が解決でき、現況のような半戦争状態はさけられた。カエサルのものはカエサルに、ソ連のものはソ連に。それをやらずにソ連辺境のGUAM連合に入り込みロシア解体をねらうからロシアともめることになる。米国にいるロシア・ソ連解体論者(フーバー研、ブレジンスキー以下亡命東欧ユダヤ人)のなせる悪鬼業。地中海カタストロフが再来して、黒海カタストロフに。

ブダペスト覚書
https://ja.wikipedia.org/wiki/ブダペスト覚書

GUAM連合
https://ja.wikipedia.org/wiki/GUAM
GUAM(キリル文字:ГУАМ, グルジア文字:სუამი)は、ジョージアグルジア)・ウクライナアゼルバイジャンモルドバの4カ国による国際機関である。加盟国は全て旧ソビエト連邦構成国であり、反ロシア的な性格を持つ。事務局をウクライナのキーウ(キエフ)に置く。なお、1999年から2005年まではウズベキスタンも加盟していたため、GUUAMという名称であった。

 


www.youtube.com

白井聡氏によれば、戦前77年戦後77年の折半、陰陽道仮説が提唱されていますが、私はウマヤド没1400年に着目し、ウマヤド没前1400年、没後1400年の折半説を提唱したい。ウマヤド没前1400年とは、BC822年であり、地中海カタストロフ、ミケーネ文明崩壊、海の民ミノタウロスエデンの東、北緯35.2のレイライン出雲大社、富士山、クレタ島クノッソス宮殿)であり、地球は球体であることを知っていた数理系シャーマンが日時計三角関数をつかって緯度をもとめて移動してきたのかもしれません。

白井聡 ニッポンの正体】~明治維新77年・戦後77年~ コミックで考える「日本のいちばん長い日」 https://youtu.be/OlNKBCRXXGw via @YouTube

 


国会エネルギー調査会(準備会)第97回
来週10/12(水)16時からです。
吉原毅さんの問題提起に続いて、飯田からは、
「3・11から11年~原子力放射能を巡る「偽りの現実」と日本の「倒錯」」
と題して、先日9/28(水)に東海村議会原子力問題特別委員会で報告させていただいた内容をコンパクトにして、吉原顧問の話を補強させていただきます。
ひと言で言えば、今の日本の原子力(エネルギーも気候もですが)は「インパール現象」(明らかに間違っている方針を権力で押し切る)が進行しており、無理・無惨な「最前線」が際限なく広がっている、ということを俯瞰して眺めた上で、それを転換するにはどうすればよいかとの提言です。
—————————————————————————
国会エネルギー調査会(準備会)第97回(10/12)
日時:2022年10月12日(水)16:00-18:00
場所:衆議院議員会館第1第2会議室 ※ハイブリッド開催(一般参加[傍聴]はZoomのみ)
主催:超党派議員連盟原発ゼロ/再エネ100の会」/国会エネ調有識者チーム
プログラム(案)
①   講演:吉原毅様 (原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟会長)
原発回帰!?政府の原発政策を問い直す(仮)」
②   コメント:飯田哲也 (環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長
           3・11から11年~原子力放射能を巡る「偽りの現実」と日本の「倒錯」
③   説明:経済産業省
④   参加国会議員・有識者を交えた総合討議・質疑応答

 

みなさんあまりお信じにならないかもしれませんが、90年代に私が経験した「神様(ご託宣)」事件原子力盗聴事件、JCO事故、311フクシマなど、事件事故があいつぎ、2012年古事記2020年日本書紀1300周年の国威発揚核武装論台頭2022年ウマヤド没1400周年にはウクライナ紛争、安倍元首相殺害事件が同時発生するなどディストピアがさらにつくりだされています。この動力学がどこからくるのか漠としてわかりませんが、いまや世相占いをしてみても始まりません。石井事件ファイルが返還されたのは、90年代を解明せよ、核査察をせよ、というメッセージがどこからか発信されているからなのかもしれません。

Greens Japan 核査察隊

www.youtube.com

 

J-PARC2125(1990年代)という事件J-PARCというのは、茨城県東海村にある原子力施設、2125は骨壺2125からきます。この原子力施設に命名をしたのが私であることはお話しました。オメガ計画・核廃棄物処理のための兵器転用可能な点が問題なのですが、ことしにはいって、中露が日本の沖合を監視巡行しているのは、こうした核兵器転用可能施設、あるいは福島沖の汚染水海洋排出などの核事象をサーベイしているのではないかと考えています。

 

 

J-PARCにはロシア風名前(ラベル)がつけられている。J-PARCの正式名称は、Japan Proton Accelerator Research Complex 日本陽子加速器研究複合施設です。私の提案はJapan Proton Accelerator Reactor Complex 日本陽子加速原子炉集合複合施設で、この 「Complex 複合施設」という名称は西側諸国では使われません。私が使用したのが日本では第一号ですが、これは、じつはロシアでは軍事施設や核施設、最近ではショッピングモールにも使われます。なので、ロシアが日本の核施設をサーベイしたときにまず名前で目に留まるのはこの「コンプレックス」という名称だと思います。専門家が調べれば、 ほかにも核兵器転用可能な施設は多々ありますので、六ケ所村などは、有事の際の標的に一番なりやすいです。とはいえ、軍事転用はしない、民間原子力だけだと公には表明している日本政府の核施設でロシア風の兵器転用ラベルがついていると極めて奇異に見えると思います。

複合施設であることをあらわす英語はそれほど良いものがなく、ロシアで使われている語感のほうが簡単に表現できるのです。しかし、名前提案にはフランス語の「パーク公園」であることを意図した説明を添えていて、それがそのまま採用されています。

原爆開発「マンハッタン計画」のロスアラモス核開発施設は米国立公園に指定される。日本の原子力村ジェイパークも公園になります。|【公益通報】数理系シャーマン編集局 #note 

note.com

この名称が私の提案ではあるものの、組織本部が採用するとは思っていませんでした。なので、現在も採用し続けている機構の判断もありますから、提案者の意図とは別のところで別の力学が働いている、と言えるでしょう。

 

拷問部屋金歯の山/プーチン氏 “併合”先の命運は?【10月5日(水)#報道1930】|TBS NEWS DIG https://youtu.be/uCqkJI3Y-oA @YouTubeより 
34:18 ロシア領土内(併合した4州)で「核実験」の可能性


www.youtube.com

「核威嚇のレベル上げた」ウクライナが防衛線突破“併合強行”ロシアは今…専門家解説(2022年10月5日) https://youtu.be/fhyNmVaP9RU @YouTubeより


www.youtube.com

番組の中で言われている小型核というのは言葉のアヤで、広島長崎とくらべて半分の威力(TNT7.5T)としても、爆心地半径80M,爆風半径8KMぐらいにはなる。広島長崎は威力(TNT15T)、爆心半径100M,爆風半径10KMだから、都市に対してつかえば、広島長崎とほぼおなじくらいの犠牲者が出る。
爆心地=グラウンドゼロ、温度一万度。生物は蒸発して跡形がなくなる。しかも、準備期間が十分なければ、地下核実験ができなくて地上実験となる可能性もある。その場合、放射性降下物フォールアウトウクライナ黒海地域に生じる可能性がある。

【苦戦のロシア】プーチン大統領“小型核兵器”使用の決断は【深層NEWS】 https://youtu.be/aVLYGnGthIA @YouTubeより

 

ロシア領土内(併合した4州)で「核実験」の可能性

しかし、準備期間が十分なければ、地下核実験ができなくて地上核実験となる可能性もある。その場合、包括核協定をロシアが違反することになるが、問題は放射性降下物フォールアウトウクライナ黒海地域に生じることである。チェルノブイリで生じた放射性降下物は欧州ではまだ残留放射能として残っているものもある。小麦などの穀倉地帯のウクライナ平原で残留放射能を生じれば、穀物輸出に打撃、食糧危機を加速する。もしくは、ロシアの核使用を意に介さずウ軍が攻勢を強めればロシアが戦争宣言せざるを得なくなる。それを見越して、これからの冬将軍の先手を打つためにウ軍が総力戦をしかけると、小型核ではなくて通常核もしくはそれ以上の核(最大ツァーリ級、爆心半径2KM、出力は広島長崎の6千倍)を持ち出さざるを得なくなる。小型核から中型核の可変出力のものを投入する可能性。ただし、ツァーリ級は使用禁止の条約で縛りがある。

 


www.youtube.com

 

クレディ・スイス、危険な状態に。

リーマンショック時よりも悪い)

直前期に、CEO, COOらが交代している。

*CDS: Credit Default Swap.
日本語読みはクレジット・デフォルト・スワップ。クレジット・デリバティブの一種で、企業の債務不履行にともなうリスクを対象にした金融派生商品。対象となる企業が破綻し金融債権や社債などの支払いができなくなった場合、CDSの買い手は金利や元本に相当する支払いを受け取るという仕組み。破綻に近づくとよく売れるので高額となる。

 

『相次ぐミサイル発射 金正恩氏の狙いは/「債務の罠」にはまる日本“復活のカギ”』【10月4日(火)#報道1930】 https://youtu.be/L1V2ffKxMnU @YouTubeより 


www.youtube.com



 

 

 



"おかまリークス【核戦争の危機は依然として残っている。一万年の平和機構「縄文砂の城」、ロシア・ウクライナ紛争で姿を現し、その平和メカニズム「双頭の鷲」を語る。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーの蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)、フランソワ浦島のサバイバルを陰で支えるウガヤフキアエズ朝の特命ミッションがいま開示される。】" by 髭美人ジャンポール小百合@筆談ホスト. ⚓ https://bit.ly/3D4o0fw

前回までのながれ:ロシア・ウクライナ紛争から半年がたったいま、核戦争の危機が再度喚起される。ロシアウクライナ紛争の情報をもたらす工作員「モスクワの鳩」がウクライナ現地で入手した極秘仄聞情報「縄文砂の城」についての解明の一端が開きつつある。一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーによって、「蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)」を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。フランシスとナタリーの実子である浦島フランソワが、平和政体「縄文砂の城」の嫡嗣を名乗り出ることによって、平和機構のカギである神社としめ縄がウクライナにもたらされる。「ウクライナ神社」において平和祈願が行われ、その平和知識が「余命ゼミナール」に仄聞情報としてもたらされるも、ウクライナ・ロシア情勢を注意深く見守り、適宜に極秘強制指令をだしつづける謎の平和政体「縄文砂の城」。

今回のトピックス:ロシア・ウクライナ紛争は半年の間膠着状態に陥り、核戦争の危機は依然として残っている。東京の某所下町にある「ハトの森」に居を構えるかなまらの右左伊門が伝える一万年の平和機構「縄文砂の城」の極秘仄聞情報。この平和メカニズム「双頭の鷲」が、ロシア・ウクライナ紛争で姿を現し、そのメッセージを克明に伝える。「双頭の鷲」とは、そもそも縄文一万年において争いごとのなかった縄文愛が国の東西、左右に気を付けるようにサーベイすることからきたシンボルイメージであり、歴史上においては、ローマ帝国ビザンツ帝国ロシア帝国などで国章として用いられてきた。現代においては、西に目をやればウクライナ紛争あり、チェルノブイリ原発ザポロージェ原発の核危機があり、東に目を向ければ、台湾有事を発端とする東アジア危機ならびにフクシマ汚染水海洋放出による環太平洋有事の危機がある。この危機的状況に対して、平和機構「縄文砂の城」のウガヤフキアエズ朝では、関係エージェントによるYOUTUBE放送を行い、日本の核武装論の難点を喝破し続けている。右鷲の東はるか彼方に位置するアメリカ合衆国、その核武装ならびに核攻撃、核抑止論では、現代の私たちが抱えるさまざまな危機的状況を乗り切れないことが確認された。ましてや、日本の核武装ならびに核武装論ではみずからを混迷の中に陥れ、二度と立ち上がれなくなることが危惧されている。そこでウガヤフキアエズ朝のエージェントたちは、日本仏教・日本神道ウクライナに持ち込むことにより宗教改革をおこし、「ウクライナ仏教でプーチンの難を逃れよ」「ウクライナ神道プーチン藁人形を奉れ」と左鷲にたいして説く。ところが、ウクライナ・オリガルヒとアゾフ部隊の下請けをする「ウクライナのシロアリ」が敵対勢力として浦島フランソワに立ちはだかり、平和の聖典ウクライナ神社」を、核武装・先制攻撃・情報ハイブリッド戦の戦勝祈願のための軍事施設として改変してしまい、平和の願い「ウクライナ仏教」を緊縛ブッダバーに変えてしまう勢いであるという。ウクライナ神社・ウクライナ寺院で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来てしまうのか。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは、ウクライナ仏教寺院で核弾頭発射の緊縛読経がおこなわれるのか。核戦争の危機が迫る中で、神社仏閣としめ縄を科学する古代縄文物理は突破口を見出せるのか?手に汗を握る攻防戦が待ち受けている。そこに現れる一筋の光明、縄文テクノロジーを駆使した反戦平和の必殺仕事人一文字白蓮があらわれる。

一万年の平和機構「縄文砂の城」の霊脈をつぐ湯島聖堂学派、靴音産業の音無右左伊門。砂の城平和機構がカギを開ける黄金伝説「双頭の鷲」メカニズム。エルシャローム平安京のポジション取りをするオルボンヌシステム、エコルミヤダイ、そして愛の援交キャラバンが番組をつくっています。

 

 

 

天皇陛下にお子様がおられても皇位の継承資格がない不条理】

天皇・皇后両陛下には、お健やかでご聡明というレベルを超えた、光輝くようなお子様がおられる。言うまでもなく、敬宮(としのみや、愛子内親王)殿下だ。にも拘らず、敬宮殿下には皇位の継承資格が認められない。

何故か? 

“女性だから”というのが唯一の理由だ(皇室典範第1条)。

それはおかしい、と直感できるのが健全な“感性”だろう。

不測の事態でもない限り、即位を辞退される可能性が高い“傍系”の秋篠宮殿下に、ご長男の悠仁親王殿下がいらっしゃるから、“直系”の女性のお子様が排除されるのは当然という捉え方は、「男尊女卑」以外に根拠がない。

天皇・皇后両陛下を真に敬愛していたら、出て来ない発想ではあるまいか。しかも普通の“知性”を備えていれば、皇位継承について女性・女系を頑なに排除するルールは“持続不可能”であり、皇室の未来を閉ざすことは確定、という見通しを共有できるはずだ(そのルールが、悠仁殿下のご結婚を至難し、苛酷なご生涯を強制する結果になるであろうことも、改めて言うまでもない)。

追記

今回の参院選では、先に紹介したように全国35都道府県で106人(!)の有志が様々なアプローチの仕方で、女性天皇を可能にする制度改正を、候補者に働きかけておられる(合計345件)。

これは、皇位の安定継承を向けて確固たる信念を持った国民が各地に、今の時点で既に“少なくとも”106人“以上”(強い気持ちはあっても、今回はやむなく動けなかった人も、当然いるはずだから)いることを意味するだろう。心強く有難い(さらに選挙後、当選議員などへの手紙送付は
7月22日、18時の集計で65件!)。

サイト「愛子天皇への道」に、上記の候補者アプローチに力を尽くされた方々のハンドルネームなどを全て網羅した、クレジットタイトル動画「願いは必ず 届く」が公開されている(7月24日公開、映像作家・ねこやなぎ氏作成)。

一連の経緯を承知し、皆さんの報告を漏らさず拝読して来た私には、胸に迫るものがあった。
政治家「世間」に新しい風を吹き込む“きっかけ”となるに違いない、画期的なムーブメントを記念するに相応しい、関係者にとって心に残る作品だ。

なお別件ながら、7月26日発売の「女性自身」に私のコメントが掲載されている。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

 

密教伝承館が洛北大学学生牢敷地に忽然と現れる日

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

"おかまリークス【核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争で姿を現した「縄文砂の城」、一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリー、蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。】" by 髭美人ジャンポール小百合@筆談ホスト. ⚓ https://bit.ly/3x4Awsu
ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来る。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。

前回までのながれ:ロシアウクライナ紛争で姿を現す謎の平和政体「縄文砂の城」、エルシャローム平安京に匹敵する古代日本の縄文システムが暴かれる。閑院流鴨のうえしたに匹敵するさる筋「かなまらの左右衛門」があらわれ、日本の核武装を語り去っていった。余命ゼミで仄聞されたその驚くべき内容は、ウクライナへのロシアによる限定戦術核使用の危険性とからめて論じられ、ロシアの「双頭の鷲(ロシアの悩みを聞いてやれ」」という内容でまとめられた。そこではさらに驚くべきことに、ロシア三分割案が俎上に上がり、縄文時代から築き上げた古代日本の平和機構「双頭の鷲」がその統治機構に組み込まれているという。さらに謎の深まる平和政体「縄文砂の城」の解明が求められる?

 


今回のトピックス:ウクライナに対するロシアの電撃的侵攻から1か月半がたったいま、核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争の情報をもたらす工作員「モスクワの鳩」がウクライナ現地で入手した極秘仄聞情報「縄文砂の城」についての解明の一端が開きつつある。一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーによって、「蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)」を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。フランシスとナタリーの実子である浦島フランソワが、平和政体「縄文砂の城」の嫡嗣を名乗り出ることによって、平和機構のカギである神社としめ縄がウクライナにもたらされる。「ウクライナ神社」において平和祈願が行われ、その平和知識が「余命ゼミナール」に仄聞情報としてもたらされるも、ウクライナ・オリガルヒとアゾフ部隊の下請けをする「ウクライナのシロアリ」が敵対勢力として浦島フランソワに立ちはだかり、平和の聖典ウクライナ神社」を、核武装・先制攻撃・情報ハイブリッド戦の戦勝祈願のための軍事施設として改変してしまう勢いであるという。浦島フランソワの運命やいかに?ウクライナ・ロシア情勢を注意深く見守り、適宜に極秘強制指令をだしつづける謎の平和政体「縄文砂の城」。ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来てしまうのか。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。核戦争の危機が迫る中で、神社としめ縄を科学する古代縄文物理は突破口を見出せるのか?手に汗を握る攻防戦が待ち受けている。

京都緑龍会の霊脈をつぐ京都折田繪小鉄久美。アラカツ平和機構がカギを開ける黄金伝説。エルシャローム平安京のポジション取りをするオルボンヌシステム、エコルミヤダイ、そして愛の援交キャラバンが番組をつくっています。

 

エルシャローム平安京アイーシャを擁立せよ。

 

f:id:TCCpolice:20220222120250p:plain

 

 

 

ムーンショットでゴー

#【養子縁組によって国民が誰でも皇族になれるという斬新プラン】

先日、さる方から皇位の安定継承を巡って質問を戴いた。

その方は、側室不在で非嫡出・非嫡系による皇位の継承可能性が排除された条件下では、いつまでも男系限定を維持できないことは理解されており、いずれ女系継承を容認しなければならないことも分かっておられる。しかし、可能な限り男系維持の為の努力をすべきだという立場だ。

私が先方からの質問を受けて、その質問内容に限定した範囲で回答するという形で、長文によるやり取りを何回か繰り返した。その内容を圧縮・再整理して紹介すれば以下の通り。

質問=旧宮家系国民男性は誰も皇籍取得する意思を持っていないという意見がある。しかし、対象者全員にその意思が全くないと断言できるのか。できるなら、その確かな根拠を教えて欲しい。もしその根拠が完璧なものでなければ、たとえ僅かな可能性でも意思を持っている当事者がいるかも知れないので、旧宮家系男性の養子縁組プランという選択肢も全面的には除外できないのではないか。

回答=当事者の意思以前に、対象者は全て(憲法第1章が優先的に適用される皇室の方々ではなく)憲法第3章が全面的に適用される国民なので、養子縁組プランは特定の血筋・家柄の国民“だけ”が特権的に養子縁組によって皇籍を取得できる制度になり、憲法が禁じた「門地による差別」(第14条)に該当するので認められない。

質問=しかし、皇后陛下をはじめ、上皇后陛下や各妃殿下方も皆様、元は国民だった方々ばかりだ。それでも皇族になられて、違憲という問題も生じていない。同じようなやり方はできないのか。

回答=皇后陛下などご婚姻によって皇族になられる場合、対象者に特定の血統・家柄という限定がないので「門地による差別」に当たらず、憲法違反にはならない。しかし、養子縁組プランの場合は、対象者を旧宮家系男性あるいは「皇統に属する男系の男子」に限定しており、この限定がある以上、憲法違反を免れない(男性に限定すれば“性別による差別”にも当たる。同じく憲法第14条)。

質問=ならば養子縁組プランでも、制度上は全ての制限を外して国民は誰でも(血統も性別も関係なく)養子縁組で皇族になれる仕組みを作り、実際の運用において旧宮家系男性に限定すれば、憲法違反を免れることができるのではないか。

回答=そのような欺瞞的な制度運用を図った場合、違憲逃れの見え透いた隠れ簑であることがたちどころに見破られ、皇室への信頼感、素直な敬愛の気持ちが決定的に損なわれることは、火を見るよりも明らだ。その上、制度の仕組み通りに運用される可能性を一切排除することは難しく、皇室の尊厳と存続自体の深刻な危機を招きかねない。

――以上のやり取りの末、先方はご自身のプランに「実に様々な問題がありそう」と率直に認められ、「さらに深く考えて参りたい」と再考をしっかり約束してくれた。いささか時間を取られたが、全く時間の空費でもなかっただろう…と信じたい。国民が“誰でも”養子縁組で皇族になれるプランを持ち出された時には、さすがに少し呆れたが。

皇室の品格、尊厳、聖域性を本気で重んじようとするのか。目先だけの誤魔化しに逃げ込まず、根本的な解決策を真剣に求めようとするのか。

そこが問われる。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/ 

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

 

先制攻撃は仕掛けられた

高村薫 『神の火〔上〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134712/

原発技術者だったかつて、極秘情報をソヴィエトに流していた島田。謀略の日々に訣別し、全てを捨て平穏な日々を選んだ彼は、己れをスパイに仕立てた男と再会した時から、幼馴染みの日野と共に、謎に包まれた原発襲撃プラン〈トロイ計画〉を巡る、苛烈な諜報戦に巻き込まれることになった……。国際政治の激流に翻弄される男達の熱いドラマ。全面改稿、加筆400枚による文庫化!

 


高村薫 『神の火〔下〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134713/

スパイ小説と危機小説の見事な融合! 苛烈な諜報戦が沸点に達した時、破天荒な原発襲撃計画が動きだした――。 〈トロイ計画〉の鍵を握るマイクロフィルムを島田は入手した。CIA・KGB北朝鮮情報部・日本公安警察……4国の諜報機関の駆け引きが苛烈さを増す中、彼は追い詰められてゆく。最後の頼みの取引も失敗した今、彼と日野は、プランなき「原発襲撃」へ動きだした――。完璧な防御網を突破して、現代の神殿の奥深く、静かに燃えるプロメテウスの火を、彼らは解き放つことができるか?

 

f:id:TCCpolice:20220220134859p:plain

 

 

●J-PARC2125(ジェイパーク2125核査察)
https://drive.google.com/open?id=19DvtIz5bMBEauLO93LlmuAiVAvfZ7pN_
●【ジェイパークを生み出すチカラ #J_PARC】
https://j-parc2125.blogspot.com
●数理系シャーマン編集局  「数理系シャーマン」がいざなう日本の原子力魔界探訪
https://note.com/2018_08_blog
●レムリアの扉 - オカルト科学捜査一課 
https://llemuriangate.blogspot.com
時空警察TCC 核密教エクソシスト、核と悪霊の事件簿
https://tccpolice.hatenablog.com

1986年 チェルノブイリ事故
1987年 水戸巌父子3人(反原発活動家)アルプス遭難死亡
1994年 五條氏母死亡
1995年 もんじゅ事故、オウムサリン事件、阪神淡路大震災
1996年 旧動燃西村次長自殺
1997年 東電OL事件、東海村ジェイパーク名称採用(五條氏本人に関すること)
1999年 盗聴法成立、JCO事故
2001年 特殊法人改革法案制定
2002年 石井こうき議員殺害事件
2011年 フクシマ311災害
2016年 群発地震「骨壺2125」(五條氏に関すること)
2018年 五條氏父死去

 

f:id:TCCpolice:20220221002552p:plain

 

地政学に蠢くゲンパツ金目経

 

f:id:TCCpolice:20201012234800j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819192355j:plain

 

f:id:TCCpolice:20211011164922j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819100337j:plain

私は原子力研究機関にいたとき、東海村原子力施設にJ-PARCジェイパークという名前を付けました。この施設は運用者の考え方次第で潜在的核兵器開発になりえます。パークは公園です。つまり、核兵器開発施設にもなりうる研究者の遊園地です。私は東海村を20年以上前にでましたが、ジェイパークと言う施設はいまも稼働しています。現実にはなにがおこなわれているのでしょう?神のみが知る、です。

 

f:id:TCCpolice:20210819100256j:plain

f:id:TCCpolice:20210624053151j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210214010045j:plain

 

f:id:TCCpolice:20201012234728j:plain

 

 

 

日本を震撼させる最恐最悪の大怨霊、アベノコクソウでアベノオンリョウが解き放たれる。そのときアナタに逃げ場はない。ゲンパツ金目教大本営の呪文【保存版】総理名言集。#絶対に捕まらないようにします。茨城県にある東海村JAEAの加速器と原子炉を兵器転用。悪霊に乗り移られた岸田首相、アベノオンリョウの霊言「ゲンパツ消費者負担」をエクトプラズムで吐き出す。フィンランドとスウェーデン NATO加盟なぜ目指す?プーチン大統領「やってもらおうではないか。我々はまだ何一つ本気を出していない。」

 

 

 

 

日本を震撼させた!最恐最悪の大怨霊6選 https://youtu.be/-MYEOap1vrc @YouTubeより 


www.youtube.com

 

【保存版】総理名言集

■総理名言集
2020-09-10
https://anond.hatelabo.jp/20200910213757

長い間総理お疲れさまでしたということで、印象に残る発言の数々を50音順に集めてみました。キラキラ輝くキャッチーな発言、これこそがレガシーだ。

あ 悪夢のような民主党政権

い 意味のない質問だよ

う ウラジーミル、君と僕は同じ未来を見ている

え エンゲル係数上昇は食生活の変化によるものです

お お答えは差し控える

か 籠…池…さん…でしたっけ

き 緊張感を持って注視する

く 空前絶後の規模、世界最大の対策によって、この100年に一度の危機から日本経済を守り抜きます

け 権力はガンガン使うものなんですよ

こ こんな人たちに負けるわけにはいかない

さ サンゴについては移している

し 森羅万象すべてのことに答えなければならない立場ではありますが

す スピード感を持って支援をお手元にお届けしてまいります。

せ 責任を取ればいいというものではない

そ その日は外遊がありますので国会には出られません

た たとえば、たとえばですね、私たち国会議員や国家公務員は、いま、この状況でも全然影響を受けていない。収入に影響を受けていないわけであります。そこに果たして、5万円とか10万円の給付をすることはどうなんだという点を考えなければならない

ち ちょっと遺憾だった

つ 次は私が金正恩委員長と向き合う番だと思っている

て デフレではないという状況を作り出すことはできたが、デフレ脱却という段階には至っていない

と トランプ大統領とは完全に一致しております

な なるべく冷静にしようと思い、息を4秒吸って8秒吐くようにしている

に 任命責任は私にある

ぬ 布マスクは洗剤で洗うことで、再利用が可能なことから、急激に拡大しているマスク需要に対応するうえで、極めて有効だ

ね 年金を充実する唯一の道は、年金の原資を確かなものにすること、すなわち経済を強くすることだ

の 農家の不安にもしっかりと寄り添い、万全の対策を講じていくことが必要だ

は 幅広く募っているという認識でございました。募集してるという認識ではなかったものです

ひ 一つだけ大きなミスをしてしまいました。エレベーターをつけてしまいました

ふ 福島第一原発では災害による停電は起こり得ないから対策の必要はないし対策を取らせてもいない

へ 辺野古への移設、全く新しい基地を新たに増やすのではない

ほ 本日、我が党所属であった現職国会議員が逮捕されたことについては、大変遺憾であります

ま まさに、日本モデルの力を示したと思います

み みっともない憲法ですよ、はっきり言って。それは、日本人が作ったんじゃないですからね

む 無利子融資を民間金融機関に拡大するとともに、前例なき26兆円規模で納税や社会保険料の支払い猶予を行い、事業の継続を後押しし、雇用を守り抜いていきたい。

め 目指すは、新たな日常をつくり上げることです

も 森友学園の先生の教育に対する熱意は素晴らしいと聞いております

や 野次は止めてください

ゆ ゆずは9年の花盛り。このゆずまでは責任を持って大きな花を日本に咲かせたい

よ 読売新聞に書いているので、熟読していただければいい

ら 拉致問題を解決できるのは安倍政権だけだと私が言ったことはない

り 立法府の長であります

る ルールは守らなきゃ

れ Let me assure you the situation is under control.

ろ 論破をさせていただいた

わ 私や妻が関係していたということになれば、まさにこれは、もう私は総理大臣も、そりゃもう、間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきりと申し上げておきたい

(追記)
重複していたものを削りました

 

 

 

 



 

 

 

 

 

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神を核査察せよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城県にある東海村JAEA加速器と原子炉を兵器転用

 

 


1人、テキストの画像のようです

 

 

フィンランドスウェーデン NATO加盟なぜ目指す?

フィンランドマリン首相不適切写真とは?キス画像をTwitterから調査!


やってもらおうではないか。我々はまだ何一つ本気を出していない。

 


 

悪霊に乗り移られた岸田首相。アベノオンリョウの霊言「ゲンパツ消費者負担」をエクトプラズムで吐き出す。

 

 

 

統一教会の摂理機関ヤマタノオロチ

 

 



 

 

 

 



"おかまリークス【核戦争の危機は依然として残っている。一万年の平和機構「縄文砂の城」、ロシア・ウクライナ紛争で姿を現し、その平和メカニズム「双頭の鷲」を語る。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーの蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)、フランソワ浦島のサバイバルを陰で支えるウガヤフキアエズ朝の特命ミッションがいま開示される。】" by 髭美人ジャンポール小百合@筆談ホスト. ⚓ https://bit.ly/3D4o0fw

前回までのながれ:ロシア・ウクライナ紛争から半年がたったいま、核戦争の危機が再度喚起される。ロシアウクライナ紛争の情報をもたらす工作員「モスクワの鳩」がウクライナ現地で入手した極秘仄聞情報「縄文砂の城」についての解明の一端が開きつつある。一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーによって、「蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)」を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。フランシスとナタリーの実子である浦島フランソワが、平和政体「縄文砂の城」の嫡嗣を名乗り出ることによって、平和機構のカギである神社としめ縄がウクライナにもたらされる。「ウクライナ神社」において平和祈願が行われ、その平和知識が「余命ゼミナール」に仄聞情報としてもたらされるも、ウクライナ・ロシア情勢を注意深く見守り、適宜に極秘強制指令をだしつづける謎の平和政体「縄文砂の城」。

今回のトピックス:ロシア・ウクライナ紛争は半年の間膠着状態に陥り、核戦争の危機は依然として残っている。東京の某所下町にある「ハトの森」に居を構えるかなまらの右左伊門が伝える一万年の平和機構「縄文砂の城」の極秘仄聞情報。この平和メカニズム「双頭の鷲」が、ロシア・ウクライナ紛争で姿を現し、そのメッセージを克明に伝える。「双頭の鷲」とは、そもそも縄文一万年において争いごとのなかった縄文愛が国の東西、左右に気を付けるようにサーベイすることからきたシンボルイメージであり、歴史上においては、ローマ帝国ビザンツ帝国ロシア帝国などで国章として用いられてきた。現代においては、西に目をやればウクライナ紛争あり、チェルノブイリ原発ザポロージェ原発の核危機があり、東に目を向ければ、台湾有事を発端とする東アジア危機ならびにフクシマ汚染水海洋放出による環太平洋有事の危機がある。この危機的状況に対して、平和機構「縄文砂の城」のウガヤフキアエズ朝では、関係エージェントによるYOUTUBE放送を行い、日本の核武装論の難点を喝破し続けている。右鷲の東はるか彼方に位置するアメリカ合衆国、その核武装ならびに核攻撃、核抑止論では、現代の私たちが抱えるさまざまな危機的状況を乗り切れないことが確認された。ましてや、日本の核武装ならびに核武装論ではみずからを混迷の中に陥れ、二度と立ち上がれなくなることが危惧されている。そこでウガヤフキアエズ朝のエージェントたちは、日本仏教・日本神道ウクライナに持ち込むことにより宗教改革をおこし、「ウクライナ仏教でプーチンの難を逃れよ」「ウクライナ神道プーチン藁人形を奉れ」と左鷲にたいして説く。ところが、ウクライナ・オリガルヒとアゾフ部隊の下請けをする「ウクライナのシロアリ」が敵対勢力として浦島フランソワに立ちはだかり、平和の聖典ウクライナ神社」を、核武装・先制攻撃・情報ハイブリッド戦の戦勝祈願のための軍事施設として改変してしまい、平和の願い「ウクライナ仏教」を緊縛ブッダバーに変えてしまう勢いであるという。ウクライナ神社・ウクライナ寺院で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来てしまうのか。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは、ウクライナ仏教寺院で核弾頭発射の緊縛読経がおこなわれるのか。核戦争の危機が迫る中で、神社仏閣としめ縄を科学する古代縄文物理は突破口を見出せるのか?手に汗を握る攻防戦が待ち受けている。そこに現れる一筋の光明、縄文テクノロジーを駆使した反戦平和の必殺仕事人一文字白蓮があらわれる。

一万年の平和機構「縄文砂の城」の霊脈をつぐ湯島聖堂学派、靴音産業の音無右左伊門。砂の城平和機構がカギを開ける黄金伝説「双頭の鷲」メカニズム。エルシャローム平安京のポジション取りをするオルボンヌシステム、エコルミヤダイ、そして愛の援交キャラバンが番組をつくっています。

 

 

 

天皇陛下にお子様がおられても皇位の継承資格がない不条理】

天皇・皇后両陛下には、お健やかでご聡明というレベルを超えた、光輝くようなお子様がおられる。言うまでもなく、敬宮(としのみや、愛子内親王)殿下だ。にも拘らず、敬宮殿下には皇位の継承資格が認められない。

何故か? 

“女性だから”というのが唯一の理由だ(皇室典範第1条)。

それはおかしい、と直感できるのが健全な“感性”だろう。

不測の事態でもない限り、即位を辞退される可能性が高い“傍系”の秋篠宮殿下に、ご長男の悠仁親王殿下がいらっしゃるから、“直系”の女性のお子様が排除されるのは当然という捉え方は、「男尊女卑」以外に根拠がない。

天皇・皇后両陛下を真に敬愛していたら、出て来ない発想ではあるまいか。しかも普通の“知性”を備えていれば、皇位継承について女性・女系を頑なに排除するルールは“持続不可能”であり、皇室の未来を閉ざすことは確定、という見通しを共有できるはずだ(そのルールが、悠仁殿下のご結婚を至難し、苛酷なご生涯を強制する結果になるであろうことも、改めて言うまでもない)。

追記

今回の参院選では、先に紹介したように全国35都道府県で106人(!)の有志が様々なアプローチの仕方で、女性天皇を可能にする制度改正を、候補者に働きかけておられる(合計345件)。

これは、皇位の安定継承を向けて確固たる信念を持った国民が各地に、今の時点で既に“少なくとも”106人“以上”(強い気持ちはあっても、今回はやむなく動けなかった人も、当然いるはずだから)いることを意味するだろう。心強く有難い(さらに選挙後、当選議員などへの手紙送付は
7月22日、18時の集計で65件!)。

サイト「愛子天皇への道」に、上記の候補者アプローチに力を尽くされた方々のハンドルネームなどを全て網羅した、クレジットタイトル動画「願いは必ず 届く」が公開されている(7月24日公開、映像作家・ねこやなぎ氏作成)。

一連の経緯を承知し、皆さんの報告を漏らさず拝読して来た私には、胸に迫るものがあった。
政治家「世間」に新しい風を吹き込む“きっかけ”となるに違いない、画期的なムーブメントを記念するに相応しい、関係者にとって心に残る作品だ。

なお別件ながら、7月26日発売の「女性自身」に私のコメントが掲載されている。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

 

密教伝承館が洛北大学学生牢敷地に忽然と現れる日

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

"おかまリークス【核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争で姿を現した「縄文砂の城」、一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリー、蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。】" by 髭美人ジャンポール小百合@筆談ホスト. ⚓ https://bit.ly/3x4Awsu
ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来る。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。

前回までのながれ:ロシアウクライナ紛争で姿を現す謎の平和政体「縄文砂の城」、エルシャローム平安京に匹敵する古代日本の縄文システムが暴かれる。閑院流鴨のうえしたに匹敵するさる筋「かなまらの左右衛門」があらわれ、日本の核武装を語り去っていった。余命ゼミで仄聞されたその驚くべき内容は、ウクライナへのロシアによる限定戦術核使用の危険性とからめて論じられ、ロシアの「双頭の鷲(ロシアの悩みを聞いてやれ」」という内容でまとめられた。そこではさらに驚くべきことに、ロシア三分割案が俎上に上がり、縄文時代から築き上げた古代日本の平和機構「双頭の鷲」がその統治機構に組み込まれているという。さらに謎の深まる平和政体「縄文砂の城」の解明が求められる?

 


今回のトピックス:ウクライナに対するロシアの電撃的侵攻から1か月半がたったいま、核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争の情報をもたらす工作員「モスクワの鳩」がウクライナ現地で入手した極秘仄聞情報「縄文砂の城」についての解明の一端が開きつつある。一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーによって、「蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)」を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。フランシスとナタリーの実子である浦島フランソワが、平和政体「縄文砂の城」の嫡嗣を名乗り出ることによって、平和機構のカギである神社としめ縄がウクライナにもたらされる。「ウクライナ神社」において平和祈願が行われ、その平和知識が「余命ゼミナール」に仄聞情報としてもたらされるも、ウクライナ・オリガルヒとアゾフ部隊の下請けをする「ウクライナのシロアリ」が敵対勢力として浦島フランソワに立ちはだかり、平和の聖典ウクライナ神社」を、核武装・先制攻撃・情報ハイブリッド戦の戦勝祈願のための軍事施設として改変してしまう勢いであるという。浦島フランソワの運命やいかに?ウクライナ・ロシア情勢を注意深く見守り、適宜に極秘強制指令をだしつづける謎の平和政体「縄文砂の城」。ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来てしまうのか。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。核戦争の危機が迫る中で、神社としめ縄を科学する古代縄文物理は突破口を見出せるのか?手に汗を握る攻防戦が待ち受けている。

京都緑龍会の霊脈をつぐ京都折田繪小鉄久美。アラカツ平和機構がカギを開ける黄金伝説。エルシャローム平安京のポジション取りをするオルボンヌシステム、エコルミヤダイ、そして愛の援交キャラバンが番組をつくっています。

 

エルシャローム平安京アイーシャを擁立せよ。

 

f:id:TCCpolice:20220222120250p:plain

 

 

 

ムーンショットでゴー

#【養子縁組によって国民が誰でも皇族になれるという斬新プラン】

先日、さる方から皇位の安定継承を巡って質問を戴いた。

その方は、側室不在で非嫡出・非嫡系による皇位の継承可能性が排除された条件下では、いつまでも男系限定を維持できないことは理解されており、いずれ女系継承を容認しなければならないことも分かっておられる。しかし、可能な限り男系維持の為の努力をすべきだという立場だ。

私が先方からの質問を受けて、その質問内容に限定した範囲で回答するという形で、長文によるやり取りを何回か繰り返した。その内容を圧縮・再整理して紹介すれば以下の通り。

質問=旧宮家系国民男性は誰も皇籍取得する意思を持っていないという意見がある。しかし、対象者全員にその意思が全くないと断言できるのか。できるなら、その確かな根拠を教えて欲しい。もしその根拠が完璧なものでなければ、たとえ僅かな可能性でも意思を持っている当事者がいるかも知れないので、旧宮家系男性の養子縁組プランという選択肢も全面的には除外できないのではないか。

回答=当事者の意思以前に、対象者は全て(憲法第1章が優先的に適用される皇室の方々ではなく)憲法第3章が全面的に適用される国民なので、養子縁組プランは特定の血筋・家柄の国民“だけ”が特権的に養子縁組によって皇籍を取得できる制度になり、憲法が禁じた「門地による差別」(第14条)に該当するので認められない。

質問=しかし、皇后陛下をはじめ、上皇后陛下や各妃殿下方も皆様、元は国民だった方々ばかりだ。それでも皇族になられて、違憲という問題も生じていない。同じようなやり方はできないのか。

回答=皇后陛下などご婚姻によって皇族になられる場合、対象者に特定の血統・家柄という限定がないので「門地による差別」に当たらず、憲法違反にはならない。しかし、養子縁組プランの場合は、対象者を旧宮家系男性あるいは「皇統に属する男系の男子」に限定しており、この限定がある以上、憲法違反を免れない(男性に限定すれば“性別による差別”にも当たる。同じく憲法第14条)。

質問=ならば養子縁組プランでも、制度上は全ての制限を外して国民は誰でも(血統も性別も関係なく)養子縁組で皇族になれる仕組みを作り、実際の運用において旧宮家系男性に限定すれば、憲法違反を免れることができるのではないか。

回答=そのような欺瞞的な制度運用を図った場合、違憲逃れの見え透いた隠れ簑であることがたちどころに見破られ、皇室への信頼感、素直な敬愛の気持ちが決定的に損なわれることは、火を見るよりも明らだ。その上、制度の仕組み通りに運用される可能性を一切排除することは難しく、皇室の尊厳と存続自体の深刻な危機を招きかねない。

――以上のやり取りの末、先方はご自身のプランに「実に様々な問題がありそう」と率直に認められ、「さらに深く考えて参りたい」と再考をしっかり約束してくれた。いささか時間を取られたが、全く時間の空費でもなかっただろう…と信じたい。国民が“誰でも”養子縁組で皇族になれるプランを持ち出された時には、さすがに少し呆れたが。

皇室の品格、尊厳、聖域性を本気で重んじようとするのか。目先だけの誤魔化しに逃げ込まず、根本的な解決策を真剣に求めようとするのか。

そこが問われる。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/ 

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

 

先制攻撃は仕掛けられた

高村薫 『神の火〔上〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134712/

原発技術者だったかつて、極秘情報をソヴィエトに流していた島田。謀略の日々に訣別し、全てを捨て平穏な日々を選んだ彼は、己れをスパイに仕立てた男と再会した時から、幼馴染みの日野と共に、謎に包まれた原発襲撃プラン〈トロイ計画〉を巡る、苛烈な諜報戦に巻き込まれることになった……。国際政治の激流に翻弄される男達の熱いドラマ。全面改稿、加筆400枚による文庫化!

 


高村薫 『神の火〔下〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134713/

スパイ小説と危機小説の見事な融合! 苛烈な諜報戦が沸点に達した時、破天荒な原発襲撃計画が動きだした――。 〈トロイ計画〉の鍵を握るマイクロフィルムを島田は入手した。CIA・KGB北朝鮮情報部・日本公安警察……4国の諜報機関の駆け引きが苛烈さを増す中、彼は追い詰められてゆく。最後の頼みの取引も失敗した今、彼と日野は、プランなき「原発襲撃」へ動きだした――。完璧な防御網を突破して、現代の神殿の奥深く、静かに燃えるプロメテウスの火を、彼らは解き放つことができるか?

 

f:id:TCCpolice:20220220134859p:plain

 

 

●J-PARC2125(ジェイパーク2125核査察)
https://drive.google.com/open?id=19DvtIz5bMBEauLO93LlmuAiVAvfZ7pN_
●【ジェイパークを生み出すチカラ #J_PARC】
https://j-parc2125.blogspot.com
●数理系シャーマン編集局  「数理系シャーマン」がいざなう日本の原子力魔界探訪
https://note.com/2018_08_blog
●レムリアの扉 - オカルト科学捜査一課 
https://llemuriangate.blogspot.com
時空警察TCC 核密教エクソシスト、核と悪霊の事件簿
https://tccpolice.hatenablog.com

1986年 チェルノブイリ事故
1987年 水戸巌父子3人(反原発活動家)アルプス遭難死亡
1994年 五條氏母死亡
1995年 もんじゅ事故、オウムサリン事件、阪神淡路大震災
1996年 旧動燃西村次長自殺
1997年 東電OL事件、東海村ジェイパーク名称採用(五條氏本人に関すること)
1999年 盗聴法成立、JCO事故
2001年 特殊法人改革法案制定
2002年 石井こうき議員殺害事件
2011年 フクシマ311災害
2016年 群発地震「骨壺2125」(五條氏に関すること)
2018年 五條氏父死去

 

f:id:TCCpolice:20220221002552p:plain

 

地政学に蠢くゲンパツ金目経

 

f:id:TCCpolice:20201012234800j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819192355j:plain

 

f:id:TCCpolice:20211011164922j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819100337j:plain

私は原子力研究機関にいたとき、東海村原子力施設にJ-PARCジェイパークという名前を付けました。この施設は運用者の考え方次第で潜在的核兵器開発になりえます。パークは公園です。つまり、核兵器開発施設にもなりうる研究者の遊園地です。私は東海村を20年以上前にでましたが、ジェイパークと言う施設はいまも稼働しています。現実にはなにがおこなわれているのでしょう?神のみが知る、です。

 

f:id:TCCpolice:20210819100256j:plain

f:id:TCCpolice:20210624053151j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210214010045j:plain

 

f:id:TCCpolice:20201012234728j:plain

 

 

ゲンパツ金目教の呪いの呪文「原発回帰」が、摂理機関ヤマタノオロチの再稼働をもくろむ。IAEA事務局長が原発攻撃で戦争の人質になる日。アベノコクソウ、原発回帰の金目教がもっと進める日本の分断国家政略、分断ビジネス花盛り。日本は原子爆弾を三か月で作れる。アベノコクソウ「あれだけ世界にゼニをバラ蒔いても、だーれも来ない」親ロシア派ハッカー「キルネット」、元統一教会「摂理機関ヤマタノオロチ」とNHKスピン別動隊が「ロシアゴスキー」をおびき寄せる隠れ蓑という陰謀説。

ゲンパツ金目教の呪いの呪文「原発回帰」が、摂理機関ヤマタノオロチの再稼働をもくろむ

 



 

 

 

ゲンパツ金目教の呪い「原発回帰」を口にする岸田首相に死相があらわれる

 

 

 

【解説】原子力政策が大きく転換…人材不足にも深刻な課題 https://youtu.be/I6ofx04PtMA @YouTubeより 


www.youtube.com

 

 

2018年9月4日 ·
『日本が原子爆弾を持つことはできますか』
と質問した。
ところが、幹部は返事をしない。
大きな目でぐーっとこちらを見ている。
こちらも引けない。
10分間は黙って睨みあっていた。
ややあって、
彼は
『おかみ(政府)が作れと
おおせになるのでしたら。できます』
と答えた」
次に、
どのくらいの期間で造れるのかと聞くと、
幹部は指を3本立てた。
私は愕然として
『3年も!』と悲鳴を上げたが、
幹部は『いえ、3カ月で造れます』と答えた。
有事の迫る中、
全てがなし崩しで流れていく、、、、、
「日本は原爆持てるか」
 熊谷弘官房長官、軍事関連企業に質問 
北開発疑惑強まる1994年 対抗措置検討
北ミサイル 2017.9.17 01:20 サンケイ新聞

当該サイト(産經新聞)は既に消去されている。
https://www.sankei.com/.../amp/170917/plt1709170005-a.html

 

 

 

 

 

アベノコクソウ、原発回帰の金目教がもっと進める日本の分断国家政略、分断ビジネス花盛り

 

 

 

 


日本太古の怪物と現代に残る痕跡!ヤマタノオロチの驚愕の正体!(前編https://youtu.be/bNXjjo2ldyI @YouTubeより 


www.youtube.com 

明らかになる伝説の真実!?ヤマタノオロチの驚愕の正体!(後編) https://youtu.be/8Sqz0aa6PWM @YouTubeより 


www.youtube.com

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神を核査察せよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス「40年前のある統一教会事件」が社会を変えた、日本とは大違い!フランス「カルト規制」の厳しい中身
9/6(火) 11:01配信 東洋経済オンライン
フランスにはカルトの定義はないが、カルト的な行為を取り締まる規制がある(写真:Cyril Marcilhacy/Bloomberg

 フランス人のクリスチャン・グラベル氏は、最近の日本での旧統一協会(世界平和統一家庭連合)に関する話を聞いた時、40年前にフランスで起きた事件を思い出した。「カルトの危険性がフランス国民に初めて広く知れ渡ったのは、統一教会がきっかけだった」(グラベル氏)からだ。

 グラベル氏はフランス警察庁で、官僚60人からなる「犯罪・過激化・セクト的逸脱行為の防止に関する省庁間委員会(CIPDR)」を率いている。同氏はまた、カルト的逸脱行為を担当する内部部局である「カルト的逸脱行為関係省庁警戒対策本部(MIVILUDES)」のトップでもある。つまり、この問題に関してはフランス政府内の最重要人物だ。

■フランス人が釘付けになった「事件」

 1982年3月、フランス国民はクレール・シャトーというフランス人女性の報道に釘付けとなった。当時21歳で熱心な統一教会信者だったシャトーさんが、彼女を脱会させようと必死に試みていた(彼女の両親と兄弟を含む)7人によって誘拐されたのだ。

 シャトーさんは自由意思を持っていることが示されたため、フランスの裁判所は彼女を解放し、彼女を誘拐した家族らを罪に問わざるを得なかった。解放されたシャトーさんは統一教会に復帰し、(当初は両親含む)誘拐者たちを訴えた。裁判により彼女は被害者となったので、誘拐は統一教会信者のイメージにとって「すばらしい機会」となったとさえ主張したのだ。

 この事件は世間を二分した。シャトーさんの信じたいものを信じる権利を擁護する者もいれば、娘の精神状態を心配する両親を擁護する者もいた。事件を担当した裁判官でさえ世論に引き裂かれたように見えた。

 「検察官は、警察があまりにも早くシャトーさんを解放したことを残念に思っていたようである一方、『われわれは個人の自由、思想の自由、あらゆる哲学を信奉する自由などの原則を守らなければならない。例えそれが(統一教会創始者)文鮮明氏の哲学でも』と述べた」と、ル・モンド紙の記事は伝えている。
当時、「メディアの注意を統一教会に向けたかった」と彼女を誘拐した者たちは語った。安倍晋三元首相を殺害した山上徹也容疑者の供述と不気味なほど似ている。そして当時も、その意図は完全に成功したのだった。

■カルトがもたらす社会悪が認識された

 2カ月後、シャトー事件の担当判事は標的を切り替え、突如としてフランス国内の統一教会の事務所21カ所を一斉に強制捜査し始めた。これにはフランス警察の犯罪部門、経済部門、労働部門、金融部門がかかわった。

 信者60人が取り調べを受け、その後解放された。2年後、統一教会のフランス事務所のトップが脱税で起訴された。同事務所は確定申告をしていなかったが、新聞販売で商業収入を得ていたのだ。

 フランス国民にとって、シャトー事件は統一教会事件となった。さらに重要なことに、フランスのメディアが「プチ・ジュージュ(petit juge)」という親しみを込めて呼ぶ裁判官(その判断が全国的影響を与える地方裁判官)により、捜査が一気に拡大し、カルトがもたらす社会悪がフランス国民の間に知れ渡ったのである。このことは政界に電気ショックを与え、その影響は今日まで続いている。

 フランスの制度は過去40年間、個人の自由を尊重しつつ、カルトによる犯罪行為や反社会的行為を防止・処罰しようと試みてきた。1995年には、国会委員会が173のカルトを掲載したリストを公表したが、これは後に差別的だとして廃止された。

 「カルトが信者を勧誘するのは自由だ。エイリアンが世界を支配するという話を信じたければ信じても構わない。しかし、カルトはその行動によって社会悪や個人への損害を生み出すべきではない。だから今のフランスはマインドコントロールを罰することに集中している」(グラベル氏)

 各カルトに関しては、MIVILUDESが調査したうえでその危険性を評価している。それは、「精神の不安定化」「法外な金銭的要求」「従来の環境からの断絶」「身体的完全性に対する攻撃」「子供の勧誘」「反社会的言説」「公序良俗の撹乱」「重大な法的紛争」「通常の経済回路からの逸脱」「公権力への侵入の企て」という10の項目を基準に行われている。

 「カルトはどこから問題となり始めるのか? これは非常にデリケートな問いだ」とグラベル氏は言う。MIVILUDESは、教授や警官、およびカルトの標的になり得る人々と接するすべての人に対する教育も行っている。
■カルトの定義はないが、行為を取り締まる

 カルトの信者に関しては、2001年に成立した「反セクト(カルト)法」で、カルトによる行為の犠牲者を支援するために「無知・脆弱性不法利用罪」という犯罪が創設された。この法律は、例えば、金銭の巻き上げや性的搾取など、脆弱状態にある人々を食い物にしようとするカルトに制裁を科すための基礎となった。

 現況、フランスにはカルトの定義はなく、その代わりにセクト的逸脱行為を取り締まる方針をとっている。カルト的な行動の10の兆候のうちの1つ、またはいくつかがMIVILUDESに申し立てられると、MIVILUDESは、その申立人を社会的・法的サービスに導かれるよう支援する。

 MIVILUDESが犯罪につながるようなカルト的な虐待などの行為を発見した場合、警察に事件を付託することができる。MIVILUDESはまた、税務署に悪質なカルトを監査するよう提案することができる。

 フランスの行政は、親がカルトに入信した子どもを保護することにも努めている。両親が一緒に子育てをしている家庭には、裁判所はほとんど介入しないが、両親のどちらかが、自分の子どもがカルトのターゲットになることを心配している場合は、介入することがある。その際、子どもが隔離されていないか、体罰を受けていないかなどをチェックする。

 「現在、セクト的逸脱行為対策に関してはフランス政府のソニア・バックス国務長官が直接責任を負っている。この点ではフランスは非常にユニークだ」とグラベル氏。MIVILUDESは官僚12人で構成される小さな部署だが、フランス政府内のすべてのカルト的虐待関連部署の重要な結節点となっている。

 「通常は犠牲者の親族から相談を受ける。彼らを受け入れ、事件が解決するまで行政・司法および身体・心理のレベルで支援している」とグラベル氏は語る。

 カルトは非常にセンシティブで複雑な問題なので、MIVILUDESは複数の省庁と連携して取り組んでいる。「財務省、教育省、社会問題省、司法省、警察庁などと協力している」(グラベル氏)。MIVILUDESは2017年には約2000件の案件を担当したいたが、2020年は約3000件、2021年は約4000件と徐々に増えている。

■裁判所も対策を強化している

 フランスの裁判所も対策を強化している。フランス最高裁判所は昨年9月、原告の意識が完全でない限り、法的措置の期間制限は進行しないという判決を下した。つまり、マインドコントロールの犠牲者は、カルトに入会した時期にかかわらず、マインドコントロールが解けた日以降に裁判を起こすことができるようになった。
例えば、法的措置の期間制限が20年だとして、カルトに20年以上入会し、金銭などの損害が20年以上前に発生していた場合も、再び自由になった日からそのカルトを相手に訴訟を起こすことが可能だ。

 2年間におよぶコロナ禍によって、カルトによるマインドコントロールとのMIVILUDESの闘いは一層急を要するものとなっていると、グラベル氏は警告する。

 「危機の時代には、叩き上げのカルト信者が提示する解決策はシンプルどころか奇跡的にさえ見える。彼らは社会のあらゆるレベルから信者を勧誘する。至るところで、時には国際的な規模で」。現在の統一教会に関しては、フランス国内では恐らく信奉者は非常に少ないだろうと、グラベル氏は信じている。

 ちなみに、筆者がグラベル氏に初めて電話をした際、彼は私に日本語で「はじめまして」と言った。聞くと、彼の祖先には日本人がいるという。いま日本に必要なのは間違いなく、彼のような存在だろう。

レジス・アルノー :『フランス・ジャポン・エコー』編集長、仏フィガロ東京特派員

 



原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神、ゲンパツ金目教大本営「摂理機関ヤマタノオロチ」の魔の手があなたを襲う。

 

ヤマタノオロチから出てきた草薙剣とは人形峠ウラン鉱山のことである

 

 

 

 



 

 



"おかまリークス【核戦争の危機は依然として残っている。一万年の平和機構「縄文砂の城」、ロシア・ウクライナ紛争で姿を現し、その平和メカニズム「双頭の鷲」を語る。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーの蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)、フランソワ浦島のサバイバルを陰で支えるウガヤフキアエズ朝の特命ミッションがいま開示される。】" by 髭美人ジャンポール小百合@筆談ホスト. ⚓ https://bit.ly/3D4o0fw

前回までのながれ:ロシア・ウクライナ紛争から半年がたったいま、核戦争の危機が再度喚起される。ロシアウクライナ紛争の情報をもたらす工作員「モスクワの鳩」がウクライナ現地で入手した極秘仄聞情報「縄文砂の城」についての解明の一端が開きつつある。一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーによって、「蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)」を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。フランシスとナタリーの実子である浦島フランソワが、平和政体「縄文砂の城」の嫡嗣を名乗り出ることによって、平和機構のカギである神社としめ縄がウクライナにもたらされる。「ウクライナ神社」において平和祈願が行われ、その平和知識が「余命ゼミナール」に仄聞情報としてもたらされるも、ウクライナ・ロシア情勢を注意深く見守り、適宜に極秘強制指令をだしつづける謎の平和政体「縄文砂の城」。

今回のトピックス:ロシア・ウクライナ紛争は半年の間膠着状態に陥り、核戦争の危機は依然として残っている。東京の某所下町にある「ハトの森」に居を構えるかなまらの右左伊門が伝える一万年の平和機構「縄文砂の城」の極秘仄聞情報。この平和メカニズム「双頭の鷲」が、ロシア・ウクライナ紛争で姿を現し、そのメッセージを克明に伝える。「双頭の鷲」とは、そもそも縄文一万年において争いごとのなかった縄文愛が国の東西、左右に気を付けるようにサーベイすることからきたシンボルイメージであり、歴史上においては、ローマ帝国ビザンツ帝国ロシア帝国などで国章として用いられてきた。現代においては、西に目をやればウクライナ紛争あり、チェルノブイリ原発ザポロージェ原発の核危機があり、東に目を向ければ、台湾有事を発端とする東アジア危機ならびにフクシマ汚染水海洋放出による環太平洋有事の危機がある。この危機的状況に対して、平和機構「縄文砂の城」のウガヤフキアエズ朝では、関係エージェントによるYOUTUBE放送を行い、日本の核武装論の難点を喝破し続けている。右鷲の東はるか彼方に位置するアメリカ合衆国、その核武装ならびに核攻撃、核抑止論では、現代の私たちが抱えるさまざまな危機的状況を乗り切れないことが確認された。ましてや、日本の核武装ならびに核武装論ではみずからを混迷の中に陥れ、二度と立ち上がれなくなることが危惧されている。そこでウガヤフキアエズ朝のエージェントたちは、日本仏教・日本神道ウクライナに持ち込むことにより宗教改革をおこし、「ウクライナ仏教でプーチンの難を逃れよ」「ウクライナ神道プーチン藁人形を奉れ」と左鷲にたいして説く。ところが、ウクライナ・オリガルヒとアゾフ部隊の下請けをする「ウクライナのシロアリ」が敵対勢力として浦島フランソワに立ちはだかり、平和の聖典ウクライナ神社」を、核武装・先制攻撃・情報ハイブリッド戦の戦勝祈願のための軍事施設として改変してしまい、平和の願い「ウクライナ仏教」を緊縛ブッダバーに変えてしまう勢いであるという。ウクライナ神社・ウクライナ寺院で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来てしまうのか。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは、ウクライナ仏教寺院で核弾頭発射の緊縛読経がおこなわれるのか。核戦争の危機が迫る中で、神社仏閣としめ縄を科学する古代縄文物理は突破口を見出せるのか?手に汗を握る攻防戦が待ち受けている。そこに現れる一筋の光明、縄文テクノロジーを駆使した反戦平和の必殺仕事人一文字白蓮があらわれる。

一万年の平和機構「縄文砂の城」の霊脈をつぐ湯島聖堂学派、靴音産業の音無右左伊門。砂の城平和機構がカギを開ける黄金伝説「双頭の鷲」メカニズム。エルシャローム平安京のポジション取りをするオルボンヌシステム、エコルミヤダイ、そして愛の援交キャラバンが番組をつくっています。

 

南海トラフ巨大地震・首都直下地震・富士山噴火に備える〜「大地変動の時代」に入った日本の処方箋〜 鎌田浩毅氏 https://youtu.be/m47ohNj2_iw @YouTubeより 


www.youtube.com

 

"HE IS WITH YOU ALWAYS" 「あなたと共におられる方」アーサー・ホーランド師(2022年8月5日収録/9月2日配信) https://youtu.be/5kkKljS0sBs @YouTubeより 


www.youtube.com

 

統一教会「摂理機関ヤマタノオロチ」とNHKスピン別動隊が「ロシアゴスキー」をおびき寄せる隠れ蓑「キルネット」をコラボしているという陰謀説



親ロシア派ハッカー「キルネット」か、ショッカーも驚くチョーダサい名前の付け方でいかにも素人集団のフェイクというのがわかる。「摂理機関ヤマタノオロチの方がよっぽど怖いかもダネ。プロのハッカー集団ならば迷わず「ロシアゴスキー」(N国党分派集団)とするはず・・・♬翼の党ですありがとう♬、しかも、攻撃対象はNHKロシア語講座、主張は「ロシアゴスキーを再開せよ」だが、これは「摂理機関ヤマタノオロチ」とNHK「ロシアゴスキー」をおびき寄せるためののコラボかもしれない。この際、ロシアゴスキーは「キルネット」を倒すために立ち上がった、とでもすればいいんでないか。

 


www.youtube.com

ロシア支持のハッカー集団「キルネット」 日本政府への宣戦布告動画を投稿(2022年9月7日) https://youtu.be/raEqN-6Y8ak @YouTubeより 

 

NHKの語学番組『ロシアゴスキー』終了で憶測広がる ⇒「ウクライナ情勢とは無関係です」 https://www.huffingtonpost.jp/entry/russia-nhk_jp_621de2e4e4b0d1388f19ee5b?utm_campaign=share_twitter&ncid=engmodushpmg00000004

 

安倍の国葬に不参加を表明した天皇陛下エリザベス女王国葬には参加したいと表明。しかも夫婦で。

Hiroshi B. Matsuura
*【#悪徳の栄え】「チャールズとカミラ」
... 英国史上最も不人気な国王の一人になるだろう。
まるで衰退する大英帝国を象徴するかのようだ。
一刻もはやく、唯一まともな王族のウィリアム王子に譲位した方がいい。

 

、「IN LOVING MEMORY OF Her Majesty Queen Elizabeth II 1926-2022」というテキストの画像のようです

 

 

 

「#ダイアナはいまも生きている」とする英王室ファンのブーイングを一斉に受けて、チャールズ三世の国王在位は何年持ちこたえられるか?
「#ダイアナはいまも生きている」とは、フランス・パリ市内のアルマ橋(Pont d'Alma)を聖地とする秘密結社、英国国教会を廃止してカトリックに改宗するよう働きかける意見団体。英国国教会カトリックに改宗すれば、ヘンリー8世以降の英国治世はすべて無効になり、英連邦海外領土はすべて没収、英語は国際語でなくなる。

自由主義を標榜する国、イギリスだからもともと自由はある。酔いどれも髪型も以前となにも変わってませんけど( ^ω^)・・・

 

 

天皇陛下にお子様がおられても皇位の継承資格がない不条理】

天皇・皇后両陛下には、お健やかでご聡明というレベルを超えた、光輝くようなお子様がおられる。言うまでもなく、敬宮(としのみや、愛子内親王)殿下だ。にも拘らず、敬宮殿下には皇位の継承資格が認められない。

何故か? 

“女性だから”というのが唯一の理由だ(皇室典範第1条)。

それはおかしい、と直感できるのが健全な“感性”だろう。

不測の事態でもない限り、即位を辞退される可能性が高い“傍系”の秋篠宮殿下に、ご長男の悠仁親王殿下がいらっしゃるから、“直系”の女性のお子様が排除されるのは当然という捉え方は、「男尊女卑」以外に根拠がない。

天皇・皇后両陛下を真に敬愛していたら、出て来ない発想ではあるまいか。しかも普通の“知性”を備えていれば、皇位継承について女性・女系を頑なに排除するルールは“持続不可能”であり、皇室の未来を閉ざすことは確定、という見通しを共有できるはずだ(そのルールが、悠仁殿下のご結婚を至難し、苛酷なご生涯を強制する結果になるであろうことも、改めて言うまでもない)。

追記

今回の参院選では、先に紹介したように全国35都道府県で106人(!)の有志が様々なアプローチの仕方で、女性天皇を可能にする制度改正を、候補者に働きかけておられる(合計345件)。

これは、皇位の安定継承を向けて確固たる信念を持った国民が各地に、今の時点で既に“少なくとも”106人“以上”(強い気持ちはあっても、今回はやむなく動けなかった人も、当然いるはずだから)いることを意味するだろう。心強く有難い(さらに選挙後、当選議員などへの手紙送付は
7月22日、18時の集計で65件!)。

サイト「愛子天皇への道」に、上記の候補者アプローチに力を尽くされた方々のハンドルネームなどを全て網羅した、クレジットタイトル動画「願いは必ず 届く」が公開されている(7月24日公開、映像作家・ねこやなぎ氏作成)。

一連の経緯を承知し、皆さんの報告を漏らさず拝読して来た私には、胸に迫るものがあった。
政治家「世間」に新しい風を吹き込む“きっかけ”となるに違いない、画期的なムーブメントを記念するに相応しい、関係者にとって心に残る作品だ。

なお別件ながら、7月26日発売の「女性自身」に私のコメントが掲載されている。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

 

密教伝承館が洛北大学学生牢敷地に忽然と現れる日

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

"おかまリークス【核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争で姿を現した「縄文砂の城」、一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリー、蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。】" by 髭美人ジャンポール小百合@筆談ホスト. ⚓ https://bit.ly/3x4Awsu
ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来る。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。

前回までのながれ:ロシアウクライナ紛争で姿を現す謎の平和政体「縄文砂の城」、エルシャローム平安京に匹敵する古代日本の縄文システムが暴かれる。閑院流鴨のうえしたに匹敵するさる筋「かなまらの左右衛門」があらわれ、日本の核武装を語り去っていった。余命ゼミで仄聞されたその驚くべき内容は、ウクライナへのロシアによる限定戦術核使用の危険性とからめて論じられ、ロシアの「双頭の鷲(ロシアの悩みを聞いてやれ」」という内容でまとめられた。そこではさらに驚くべきことに、ロシア三分割案が俎上に上がり、縄文時代から築き上げた古代日本の平和機構「双頭の鷲」がその統治機構に組み込まれているという。さらに謎の深まる平和政体「縄文砂の城」の解明が求められる?

 


今回のトピックス:ウクライナに対するロシアの電撃的侵攻から1か月半がたったいま、核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争の情報をもたらす工作員「モスクワの鳩」がウクライナ現地で入手した極秘仄聞情報「縄文砂の城」についての解明の一端が開きつつある。一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーによって、「蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)」を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。フランシスとナタリーの実子である浦島フランソワが、平和政体「縄文砂の城」の嫡嗣を名乗り出ることによって、平和機構のカギである神社としめ縄がウクライナにもたらされる。「ウクライナ神社」において平和祈願が行われ、その平和知識が「余命ゼミナール」に仄聞情報としてもたらされるも、ウクライナ・オリガルヒとアゾフ部隊の下請けをする「ウクライナのシロアリ」が敵対勢力として浦島フランソワに立ちはだかり、平和の聖典ウクライナ神社」を、核武装・先制攻撃・情報ハイブリッド戦の戦勝祈願のための軍事施設として改変してしまう勢いであるという。浦島フランソワの運命やいかに?ウクライナ・ロシア情勢を注意深く見守り、適宜に極秘強制指令をだしつづける謎の平和政体「縄文砂の城」。ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来てしまうのか。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。核戦争の危機が迫る中で、神社としめ縄を科学する古代縄文物理は突破口を見出せるのか?手に汗を握る攻防戦が待ち受けている。

京都緑龍会の霊脈をつぐ京都折田繪小鉄久美。アラカツ平和機構がカギを開ける黄金伝説。エルシャローム平安京のポジション取りをするオルボンヌシステム、エコルミヤダイ、そして愛の援交キャラバンが番組をつくっています。

 

エルシャローム平安京アイーシャを擁立せよ。

 

f:id:TCCpolice:20220222120250p:plain

 

 

 

ムーンショットでゴー

#【養子縁組によって国民が誰でも皇族になれるという斬新プラン】

先日、さる方から皇位の安定継承を巡って質問を戴いた。

その方は、側室不在で非嫡出・非嫡系による皇位の継承可能性が排除された条件下では、いつまでも男系限定を維持できないことは理解されており、いずれ女系継承を容認しなければならないことも分かっておられる。しかし、可能な限り男系維持の為の努力をすべきだという立場だ。

私が先方からの質問を受けて、その質問内容に限定した範囲で回答するという形で、長文によるやり取りを何回か繰り返した。その内容を圧縮・再整理して紹介すれば以下の通り。

質問=旧宮家系国民男性は誰も皇籍取得する意思を持っていないという意見がある。しかし、対象者全員にその意思が全くないと断言できるのか。できるなら、その確かな根拠を教えて欲しい。もしその根拠が完璧なものでなければ、たとえ僅かな可能性でも意思を持っている当事者がいるかも知れないので、旧宮家系男性の養子縁組プランという選択肢も全面的には除外できないのではないか。

回答=当事者の意思以前に、対象者は全て(憲法第1章が優先的に適用される皇室の方々ではなく)憲法第3章が全面的に適用される国民なので、養子縁組プランは特定の血筋・家柄の国民“だけ”が特権的に養子縁組によって皇籍を取得できる制度になり、憲法が禁じた「門地による差別」(第14条)に該当するので認められない。

質問=しかし、皇后陛下をはじめ、上皇后陛下や各妃殿下方も皆様、元は国民だった方々ばかりだ。それでも皇族になられて、違憲という問題も生じていない。同じようなやり方はできないのか。

回答=皇后陛下などご婚姻によって皇族になられる場合、対象者に特定の血統・家柄という限定がないので「門地による差別」に当たらず、憲法違反にはならない。しかし、養子縁組プランの場合は、対象者を旧宮家系男性あるいは「皇統に属する男系の男子」に限定しており、この限定がある以上、憲法違反を免れない(男性に限定すれば“性別による差別”にも当たる。同じく憲法第14条)。

質問=ならば養子縁組プランでも、制度上は全ての制限を外して国民は誰でも(血統も性別も関係なく)養子縁組で皇族になれる仕組みを作り、実際の運用において旧宮家系男性に限定すれば、憲法違反を免れることができるのではないか。

回答=そのような欺瞞的な制度運用を図った場合、違憲逃れの見え透いた隠れ簑であることがたちどころに見破られ、皇室への信頼感、素直な敬愛の気持ちが決定的に損なわれることは、火を見るよりも明らだ。その上、制度の仕組み通りに運用される可能性を一切排除することは難しく、皇室の尊厳と存続自体の深刻な危機を招きかねない。

――以上のやり取りの末、先方はご自身のプランに「実に様々な問題がありそう」と率直に認められ、「さらに深く考えて参りたい」と再考をしっかり約束してくれた。いささか時間を取られたが、全く時間の空費でもなかっただろう…と信じたい。国民が“誰でも”養子縁組で皇族になれるプランを持ち出された時には、さすがに少し呆れたが。

皇室の品格、尊厳、聖域性を本気で重んじようとするのか。目先だけの誤魔化しに逃げ込まず、根本的な解決策を真剣に求めようとするのか。

そこが問われる。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/ 

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

 

先制攻撃は仕掛けられた

高村薫 『神の火〔上〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134712/

原発技術者だったかつて、極秘情報をソヴィエトに流していた島田。謀略の日々に訣別し、全てを捨て平穏な日々を選んだ彼は、己れをスパイに仕立てた男と再会した時から、幼馴染みの日野と共に、謎に包まれた原発襲撃プラン〈トロイ計画〉を巡る、苛烈な諜報戦に巻き込まれることになった……。国際政治の激流に翻弄される男達の熱いドラマ。全面改稿、加筆400枚による文庫化!

 


高村薫 『神の火〔下〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134713/

スパイ小説と危機小説の見事な融合! 苛烈な諜報戦が沸点に達した時、破天荒な原発襲撃計画が動きだした――。 〈トロイ計画〉の鍵を握るマイクロフィルムを島田は入手した。CIA・KGB北朝鮮情報部・日本公安警察……4国の諜報機関の駆け引きが苛烈さを増す中、彼は追い詰められてゆく。最後の頼みの取引も失敗した今、彼と日野は、プランなき「原発襲撃」へ動きだした――。完璧な防御網を突破して、現代の神殿の奥深く、静かに燃えるプロメテウスの火を、彼らは解き放つことができるか?

 

f:id:TCCpolice:20220220134859p:plain

 

 

●J-PARC2125(ジェイパーク2125核査察)
https://drive.google.com/open?id=19DvtIz5bMBEauLO93LlmuAiVAvfZ7pN_
●【ジェイパークを生み出すチカラ #J_PARC】
https://j-parc2125.blogspot.com
●数理系シャーマン編集局  「数理系シャーマン」がいざなう日本の原子力魔界探訪
https://note.com/2018_08_blog
●レムリアの扉 - オカルト科学捜査一課 
https://llemuriangate.blogspot.com
時空警察TCC 核密教エクソシスト、核と悪霊の事件簿
https://tccpolice.hatenablog.com

1986年 チェルノブイリ事故
1987年 水戸巌父子3人(反原発活動家)アルプス遭難死亡
1994年 五條氏母死亡
1995年 もんじゅ事故、オウムサリン事件、阪神淡路大震災
1996年 旧動燃西村次長自殺
1997年 東電OL事件、東海村ジェイパーク名称採用(五條氏本人に関すること)
1999年 盗聴法成立、JCO事故
2001年 特殊法人改革法案制定
2002年 石井こうき議員殺害事件
2011年 フクシマ311災害
2016年 群発地震「骨壺2125」(五條氏に関すること)
2018年 五條氏父死去

 

f:id:TCCpolice:20220221002552p:plain

 

地政学に蠢くゲンパツ金目経

 

f:id:TCCpolice:20201012234800j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819192355j:plain

 

f:id:TCCpolice:20211011164922j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819100337j:plain

私は原子力研究機関にいたとき、東海村原子力施設にJ-PARCジェイパークという名前を付けました。この施設は運用者の考え方次第で潜在的核兵器開発になりえます。パークは公園です。つまり、核兵器開発施設にもなりうる研究者の遊園地です。私は東海村を20年以上前にでましたが、ジェイパークと言う施設はいまも稼働しています。現実にはなにがおこなわれているのでしょう?神のみが知る、です。

 

f:id:TCCpolice:20210819100256j:plain

f:id:TCCpolice:20210624053151j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210214010045j:plain

 

f:id:TCCpolice:20201012234728j:plain

 

 



 

 

 

 

 

 

 

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神、ゲンパツ金目教大本営「摂理機関ヤマタノオロチ」の魔の手があなたを襲う。東大神族と八岐大蛇伝承。ゲンパツ金目教大本営の核武装インパール作戦。核密教エクソシストたちの闘い、来るべき種族「凡庸なるアイヒマン」の到来を告げる京都緑龍会のレーベンスラウム理論。京都緑龍会の霊脈を継ぐ京都折田繪の強制指令、ウガヤ朝が仄聞してウクライナ・サルベージに乗り出す。学生牢を眠らせアラカツ神社を呼び覚ませ、核密教伝承の聖地にエクソシストが集う。

 

ゲンパツ金目教の逆ギレ、逆バクロ

 

ゲンパツ金目教の壺攻撃、骨壺2125はここから来たのか?

 

 

 

ゲンパツ金目教デバガメ大本営「摂理機関ヤマタノオロチ」の魔の手があなたを襲う。

これは、過去に一部の幹部だけに配布されたという極秘の組織図だ。萩生田氏が関係を認めた「世界平和女性連合」や、安倍元総理がメッセージを寄せた「天宙平和連合」などは「摂理機関」と表現されている。

摂理機関は、文鮮明が唱えた理念を実現するための機関。(友好団体は)詭弁であって、中の人的な交流であるとか人事異動とか、全く一つの大きな組織としても良いと思います」

これらの摂理機関は、代表者の名前は異なるが、同じ信者らが機関の運営に関わっているため、教団内ではヤマタノオロチと呼ばれているという。

 

 

 

 



 

 

東大神族と八岐大蛇伝承

神頌叙伝遼(916~1125、遊牧民契丹族の国)の太宗(耶律阿保機)が、宰相の耶律羽之に命じて、その叙伝を作らしめて成ったのものだという。
一軸の巻物で、題目もなかったものであるが、発見者「浜名寛祐」が『神頌叙伝』と命名、別名『契丹古伝』ともいう。

浜名寛祐は日露戦争中、鴨緑江兵站経理部長として、奉天城外の黄寺に滞在中、
亜細亜言語集』の著者である広部清と共に、同寺に秘匿されていた本書を意味不明なままに書写したという。もともと、ある陵の秘物で、戦火から逃れ、黄寺に保管されていたという。

浜名は、『日韓正宗溯源』の「巻之三」および「巻之四」を発表。
『日韓正宗溯源』は、日鮮同祖論を主張した書である。

 

契丹の祖族辰伝固朗(東大神族)は漢民族以前に中国大陸に優れた文明を築いていた。尭・舜・殷はこの東大神族系の国家で、漢民族が中国史の主人公となるのは周王朝以降である。浜名の解釈によれば、由緒古き東大神族は、契丹のみならず日本・朝鮮の祖族でもあり、三者は同祖だというのである。八岐大蛇伝承は、鴨緑江畔における羊鄂羅墜族との闘いが神話として伝えられたものであり、孝霊・開化天皇が「辰伝殿国」および馬韓と交流していたこと、卑弥乎は馬韓にいた、新羅熊襲が転じて成ったものである、と記されている。

「秘府録日神祖拓地干幹浸遽」という一節があり、浜名の幹浸遽(アシヤ)という読み方が正しいとすれば、『カタカムナ文献』の「アシヤ族」と符号する。

 

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神を核査察せよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神、ゲンパツ金目教大本営「摂理機関ヤマタノオロチ」の魔の手があなたを襲う。

 

そして、祝福される戦争

 

 

次世代原子炉を持ち出す首相に死相が現れだした

 

>未だにIPCCのメインストリームは、IEAと似通ったイデオロギーに「汚染」されたままですね。
大陸を挟んで向こう側にある国、フランスの研究をすべきでしたね。熱心に比較研究をしていたのは実は日本の経産省だった、という皮肉的状況。日本とフランスは経済規模、産業経済の点で似通った国で、米国G7からみて両建ての馬車馬なので、原発も脱炭素(IPCC)も両国に率先してやらせてみた。日本は、京都議定書で一役終え、フクシマ311で原発も役割を終えようとしている。ところが、フランスは原発とパリ議定書を両手に花で抱えて、脱炭素導入が国是の原発を後押ししている。これは「困った」ものなのだが、フランスも例外なく原発事故が起きるまでは突っ走るしかない。ミヤダイ風にいえば、右派加速主義なのだが、果たしてあれはまともなイノベーションがでてくる国なのか?
>しかも、これはけっして「資本主義」がドライバーではなく、強いて言えば、人類の好奇心が根源にあると考えています。
そういう意味では従来エネルギー(化石、原発)にしがみつくフランスには好奇心がない、と言えるのかも。あれだけチャランポランに新しいことをやりまくっている一方で、エネルギーに関しては頑なに年増芸者の厚化粧のごとく一言居士を貫き通す。核武装国であることも一因でしょう。
そしてフランスのみならず欧州のエネルギーにはロシアが控えている。フランスもロシアが控えているので原発をやっていられる。日本はフクシマを抱えているので「おフランスさまとは違います」とでも言えばいいのに、慌てふためいて再稼働7基と言い出す始末。この辺りを解きほぐしていくべきですね。(フォト:パリ市内のIEAの所在する建物はフランス語推進機構と同居している)

とはいえ、フランスがモダニズムで右派加速主義とするには少し早計であるし、エコモダニスト原発推進は早晩縮小経済の展望に収縮していく。フランスには、サブリミナルな脱成長願望があって、それが核武装を支えている。というか、核武装せざるを得なかったのだが、それが他方で、いまのフランスのチャランポランイノベーションをけん引し、その反動で、サブリミナルな脱成長に発展の素地をあたえている。原発大国であるのに、気候変動を謳ったりするのがその象徴的な例。欧州で緑の政党が出ては消えたりするのはそれに近い現象。先進国はどこもそうだが、戦後のリニアモデルまでがまともなイノベーションのネタであった、それ以後は、モダニズムの名のもと、イノベーションと言う名のエネルギー浪費をしているだけだった。そして、核開発とチャランポランイノベーションは車の両輪となっている。シェマティズムの中に乗るものは、かならずしも楽観できるものばかりではないだろう。縮小経済と核開発が合力を生むとすれば?バスターニとシンゴジラオルタナティブを形成する。ディストピアだが、それは、もはや起きえないとも言えない。


ゲンパツ金目教大本営核武装インパール作戦

 

 



 



 

 

 

 

密教エクソシストたちの闘い

 

 

密教エクソシストたちの闘い

 


来るべき種族「凡庸なるアイヒマン」の到来を告げるウガヤ朝、そして京都緑龍会のレーベンスラウム理論

2022.8.26 うが金 ザポリージャ原発アップデート ウクライナを学ぶ文献 日本人歴史学者の矮小さ https://youtu.be/ZbfYMvUOZ8k @YouTubeより


www.youtube.com

 

京都緑龍会の霊脈を継ぐ京都折田繪の強制指令をウガヤ朝が仄聞してウクライナ・サルベージに乗り出す。

 

ウクライナ仏教でプーチンの難を逃れよ!」

 

プーチン藁人形をウクライナ神道に奉れ!」


洛北大学学生牢通信


京都折田繪、洛北大学学生牢にアラカツ平和記念館を建立する


アラカツ平和戦士「ウマヤド司令塔」がデバガメ三邪神の獄門教によって洛北大学学生牢に閉じ込められている。密教伝承の修行を続けているアラカツ平和戦士「ウマヤド司令塔」を救え!


アラカツ平和機構(洛北大学学生牢敷地内)のアラカツ神社を参拝する

 

洛北大学創立にゆかりのある京都折田繪小鉄久美さまにより、アラカツ平和機構のメンバーが召集される。

「学生牢を眠らせ、アラカツ神社を呼び覚ます」


アラカツ平和機構とは?
1.学生牢敷地をなんとかして、アラカツ記念館(アラカツ神社)を建立する
2.西部講堂敷地内にアラカツ研究所を建立する
3.台湾寮(中華民国中華人民共和国)敷地にアラカツ平和機構事務所を建立する

 

 

エルシャローム平安京のさる筋こと、閑院流かものうえしたの極秘指令によってエコルミヤダイから筆談ホスト・ジャンポール小百合がオルボンヌ魔法の学校に派遣され、長年隠されていた秘儀を習得し、獄門教に閉じ込められている特級呪術師「ウマヤド司令塔」の封じ込めを解く。2045年トランスヒューマニズムの到来が宣言され、「ウマヤド司令塔」が数理系シャーマンを引き連れて気候変動の祈りを全世界で繰り広げる。気候変動パリ協定に数理系シャーマンの祈りを書き込め!世界中から気候変動シャーマンをあつめて祈りの世界会議を開かれる。カレルギー你好イニシアティブ「犬が去って豚がやってくる」が実行段階に移される。気候変動シャーマン・トランスポエズミの祈りがパリ議定書に書き込まれる、「46という数字が浮かび上がってきた」

さる筋閑院流かものうえしたをとおしてヨコの会に伝えられた強制指令、「エルシャローム平安京アイーシャを擁立せよ」

 

密教伝承の聖地「アラカツ神社」に核密教エクソシストが集う

 

真の父母がいないワル狐ごんは、新興宗教を偽装した悪人達の力で選挙に勝ち、原発村を味方につけては悪戯ばかりしてアンダーコントロールだと笑いながら村人を困らせていた。ある日ごんは兵十(ヘイト)が川で魚を捕っているのを見つけ、兵十が捕った魚やウナギを米国のハゲタカに渡すという悪戯をしてしまう。それから10日ほど後、兵十の母親の葬列を見たごんは、あのとき逃がしたウナギは兵十がサタンに憑りつかれた病気の母親のために用意していたものだと悟り、後悔する。
母を失った兵十に同情したごんは、ウナギを逃がした償いのつもりで、鰯を盗んで兵十の家に投げ込むも、翌日に鰯屋に泥棒と間違われて兵十が殴られていたことを知り、ごんは反省する。それからごんは自分の力で償いをはじめる。しかし兵十は毎日届けられる栗や松茸の意味が判らず、知り合いの加助の助言で神様のおかげだと思い込むようになってしまう。それを聞いてごんは割に合わないとぼやきながらも届け物を続ける。
その翌日、ごんがまた新興宗教屋とグルになって仲間を殖やそうとする気配に気づいた兵十は、また悪戯をしに来たのかと思い、演説をしようとするごんを火縄銃で撃ってしまう。ごんはバタリと倒れ、兵十がさらにトドメの二発目を撃とうとごんに駆け寄ると警官が守るどころか逃げてそれが当たってしまった。
その後、某新興宗教が悪いと言う自白を「警察が」暴露して、人々が選挙詐欺に嵌っていたのが理解でき、はじめて、バラマキのカネや法の改悪が自分たちの慾望だったことに気づく。
「ごん、おまいだったのか。いつも、人の親でもないのが政治をしたらアカンと教えてくれていたのは。」と問いかける兵十に、ごんは目を閉じたままうなずく。兵十の手から火縄銃が落ち、筒口から青い煙が出ているところで駆け寄った警官に取り押さえられ向精神薬と言う名の麻薬で狂わされ、その一幕は閉じる。

 

 

天皇陛下にお子様がおられても皇位の継承資格がない不条理】

天皇・皇后両陛下には、お健やかでご聡明というレベルを超えた、光輝くようなお子様がおられる。言うまでもなく、敬宮(としのみや、愛子内親王)殿下だ。にも拘らず、敬宮殿下には皇位の継承資格が認められない。

何故か? 

“女性だから”というのが唯一の理由だ(皇室典範第1条)。

それはおかしい、と直感できるのが健全な“感性”だろう。

不測の事態でもない限り、即位を辞退される可能性が高い“傍系”の秋篠宮殿下に、ご長男の悠仁親王殿下がいらっしゃるから、“直系”の女性のお子様が排除されるのは当然という捉え方は、「男尊女卑」以外に根拠がない。

天皇・皇后両陛下を真に敬愛していたら、出て来ない発想ではあるまいか。しかも普通の“知性”を備えていれば、皇位継承について女性・女系を頑なに排除するルールは“持続不可能”であり、皇室の未来を閉ざすことは確定、という見通しを共有できるはずだ(そのルールが、悠仁殿下のご結婚を至難し、苛酷なご生涯を強制する結果になるであろうことも、改めて言うまでもない)。

追記

今回の参院選では、先に紹介したように全国35都道府県で106人(!)の有志が様々なアプローチの仕方で、女性天皇を可能にする制度改正を、候補者に働きかけておられる(合計345件)。

これは、皇位の安定継承を向けて確固たる信念を持った国民が各地に、今の時点で既に“少なくとも”106人“以上”(強い気持ちはあっても、今回はやむなく動けなかった人も、当然いるはずだから)いることを意味するだろう。心強く有難い(さらに選挙後、当選議員などへの手紙送付は
7月22日、18時の集計で65件!)。

サイト「愛子天皇への道」に、上記の候補者アプローチに力を尽くされた方々のハンドルネームなどを全て網羅した、クレジットタイトル動画「願いは必ず 届く」が公開されている(7月24日公開、映像作家・ねこやなぎ氏作成)。

一連の経緯を承知し、皆さんの報告を漏らさず拝読して来た私には、胸に迫るものがあった。
政治家「世間」に新しい風を吹き込む“きっかけ”となるに違いない、画期的なムーブメントを記念するに相応しい、関係者にとって心に残る作品だ。

なお別件ながら、7月26日発売の「女性自身」に私のコメントが掲載されている。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

 

密教伝承館が洛北大学学生牢敷地に忽然と現れる日

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

"おかまリークス【核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争で姿を現した「縄文砂の城」、一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリー、蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。】" by 髭美人ジャンポール小百合@筆談ホスト. ⚓ https://bit.ly/3x4Awsu
ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来る。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。

前回までのながれ:ロシアウクライナ紛争で姿を現す謎の平和政体「縄文砂の城」、エルシャローム平安京に匹敵する古代日本の縄文システムが暴かれる。閑院流鴨のうえしたに匹敵するさる筋「かなまらの左右衛門」があらわれ、日本の核武装を語り去っていった。余命ゼミで仄聞されたその驚くべき内容は、ウクライナへのロシアによる限定戦術核使用の危険性とからめて論じられ、ロシアの「双頭の鷲(ロシアの悩みを聞いてやれ」」という内容でまとめられた。そこではさらに驚くべきことに、ロシア三分割案が俎上に上がり、縄文時代から築き上げた古代日本の平和機構「双頭の鷲」がその統治機構に組み込まれているという。さらに謎の深まる平和政体「縄文砂の城」の解明が求められる?

 


今回のトピックス:ウクライナに対するロシアの電撃的侵攻から1か月半がたったいま、核戦争の危機は去ったか?ロシアウクライナ紛争の情報をもたらす工作員「モスクワの鳩」がウクライナ現地で入手した極秘仄聞情報「縄文砂の城」についての解明の一端が開きつつある。一万年の平和機構を導いた謎のオルタナティブ平和政体。「縄文砂の城」のサバイバルを何世代にもわたり経験したフランシスとナタリーによって、「蒼き狼と白い牝鹿(アシナ伝説)」を一万年にわたって生き抜いたその物語がいま語り始められる。フランシスとナタリーの実子である浦島フランソワが、平和政体「縄文砂の城」の嫡嗣を名乗り出ることによって、平和機構のカギである神社としめ縄がウクライナにもたらされる。「ウクライナ神社」において平和祈願が行われ、その平和知識が「余命ゼミナール」に仄聞情報としてもたらされるも、ウクライナ・オリガルヒとアゾフ部隊の下請けをする「ウクライナのシロアリ」が敵対勢力として浦島フランソワに立ちはだかり、平和の聖典ウクライナ神社」を、核武装・先制攻撃・情報ハイブリッド戦の戦勝祈願のための軍事施設として改変してしまう勢いであるという。浦島フランソワの運命やいかに?ウクライナ・ロシア情勢を注意深く見守り、適宜に極秘強制指令をだしつづける謎の平和政体「縄文砂の城」。ウクライナ神社で日本の核武装・先制攻撃・戦勝祈願が行われる日が来てしまうのか。ウクライナ神社のかなまら祭で核弾頭搭載の祈願、欲しがります勝つまでは。核戦争の危機が迫る中で、神社としめ縄を科学する古代縄文物理は突破口を見出せるのか?手に汗を握る攻防戦が待ち受けている。

京都緑龍会の霊脈をつぐ京都折田繪小鉄久美。アラカツ平和機構がカギを開ける黄金伝説。エルシャローム平安京のポジション取りをするオルボンヌシステム、エコルミヤダイ、そして愛の援交キャラバンが番組をつくっています。

 

エルシャローム平安京アイーシャを擁立せよ。

 

f:id:TCCpolice:20220222120250p:plain

 

 

 

ムーンショットでゴー

#【養子縁組によって国民が誰でも皇族になれるという斬新プラン】

先日、さる方から皇位の安定継承を巡って質問を戴いた。

その方は、側室不在で非嫡出・非嫡系による皇位の継承可能性が排除された条件下では、いつまでも男系限定を維持できないことは理解されており、いずれ女系継承を容認しなければならないことも分かっておられる。しかし、可能な限り男系維持の為の努力をすべきだという立場だ。

私が先方からの質問を受けて、その質問内容に限定した範囲で回答するという形で、長文によるやり取りを何回か繰り返した。その内容を圧縮・再整理して紹介すれば以下の通り。

質問=旧宮家系国民男性は誰も皇籍取得する意思を持っていないという意見がある。しかし、対象者全員にその意思が全くないと断言できるのか。できるなら、その確かな根拠を教えて欲しい。もしその根拠が完璧なものでなければ、たとえ僅かな可能性でも意思を持っている当事者がいるかも知れないので、旧宮家系男性の養子縁組プランという選択肢も全面的には除外できないのではないか。

回答=当事者の意思以前に、対象者は全て(憲法第1章が優先的に適用される皇室の方々ではなく)憲法第3章が全面的に適用される国民なので、養子縁組プランは特定の血筋・家柄の国民“だけ”が特権的に養子縁組によって皇籍を取得できる制度になり、憲法が禁じた「門地による差別」(第14条)に該当するので認められない。

質問=しかし、皇后陛下をはじめ、上皇后陛下や各妃殿下方も皆様、元は国民だった方々ばかりだ。それでも皇族になられて、違憲という問題も生じていない。同じようなやり方はできないのか。

回答=皇后陛下などご婚姻によって皇族になられる場合、対象者に特定の血統・家柄という限定がないので「門地による差別」に当たらず、憲法違反にはならない。しかし、養子縁組プランの場合は、対象者を旧宮家系男性あるいは「皇統に属する男系の男子」に限定しており、この限定がある以上、憲法違反を免れない(男性に限定すれば“性別による差別”にも当たる。同じく憲法第14条)。

質問=ならば養子縁組プランでも、制度上は全ての制限を外して国民は誰でも(血統も性別も関係なく)養子縁組で皇族になれる仕組みを作り、実際の運用において旧宮家系男性に限定すれば、憲法違反を免れることができるのではないか。

回答=そのような欺瞞的な制度運用を図った場合、違憲逃れの見え透いた隠れ簑であることがたちどころに見破られ、皇室への信頼感、素直な敬愛の気持ちが決定的に損なわれることは、火を見るよりも明らだ。その上、制度の仕組み通りに運用される可能性を一切排除することは難しく、皇室の尊厳と存続自体の深刻な危機を招きかねない。

――以上のやり取りの末、先方はご自身のプランに「実に様々な問題がありそう」と率直に認められ、「さらに深く考えて参りたい」と再考をしっかり約束してくれた。いささか時間を取られたが、全く時間の空費でもなかっただろう…と信じたい。国民が“誰でも”養子縁組で皇族になれるプランを持ち出された時には、さすがに少し呆れたが。

皇室の品格、尊厳、聖域性を本気で重んじようとするのか。目先だけの誤魔化しに逃げ込まず、根本的な解決策を真剣に求めようとするのか。

そこが問われる。

高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/ 

 

先制攻撃は仕掛けられた

 

 

先制攻撃は仕掛けられた

高村薫 『神の火〔上〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134712/

原発技術者だったかつて、極秘情報をソヴィエトに流していた島田。謀略の日々に訣別し、全てを捨て平穏な日々を選んだ彼は、己れをスパイに仕立てた男と再会した時から、幼馴染みの日野と共に、謎に包まれた原発襲撃プラン〈トロイ計画〉を巡る、苛烈な諜報戦に巻き込まれることになった……。国際政治の激流に翻弄される男達の熱いドラマ。全面改稿、加筆400枚による文庫化!

 


高村薫 『神の火〔下〕』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/134713/

スパイ小説と危機小説の見事な融合! 苛烈な諜報戦が沸点に達した時、破天荒な原発襲撃計画が動きだした――。 〈トロイ計画〉の鍵を握るマイクロフィルムを島田は入手した。CIA・KGB北朝鮮情報部・日本公安警察……4国の諜報機関の駆け引きが苛烈さを増す中、彼は追い詰められてゆく。最後の頼みの取引も失敗した今、彼と日野は、プランなき「原発襲撃」へ動きだした――。完璧な防御網を突破して、現代の神殿の奥深く、静かに燃えるプロメテウスの火を、彼らは解き放つことができるか?

 

f:id:TCCpolice:20220220134859p:plain

 

 

●J-PARC2125(ジェイパーク2125核査察)
https://drive.google.com/open?id=19DvtIz5bMBEauLO93LlmuAiVAvfZ7pN_
●【ジェイパークを生み出すチカラ #J_PARC】
https://j-parc2125.blogspot.com
●数理系シャーマン編集局  「数理系シャーマン」がいざなう日本の原子力魔界探訪
https://note.com/2018_08_blog
●レムリアの扉 - オカルト科学捜査一課 
https://llemuriangate.blogspot.com
時空警察TCC 核密教エクソシスト、核と悪霊の事件簿
https://tccpolice.hatenablog.com

1986年 チェルノブイリ事故
1987年 水戸巌父子3人(反原発活動家)アルプス遭難死亡
1994年 五條氏母死亡
1995年 もんじゅ事故、オウムサリン事件、阪神淡路大震災
1996年 旧動燃西村次長自殺
1997年 東電OL事件、東海村ジェイパーク名称採用(五條氏本人に関すること)
1999年 盗聴法成立、JCO事故
2001年 特殊法人改革法案制定
2002年 石井こうき議員殺害事件
2011年 フクシマ311災害
2016年 群発地震「骨壺2125」(五條氏に関すること)
2018年 五條氏父死去

 

f:id:TCCpolice:20220221002552p:plain

 

地政学に蠢くゲンパツ金目経

 

f:id:TCCpolice:20201012234800j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819192355j:plain

 

f:id:TCCpolice:20211011164922j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210819100337j:plain

私は原子力研究機関にいたとき、東海村原子力施設にJ-PARCジェイパークという名前を付けました。この施設は運用者の考え方次第で潜在的核兵器開発になりえます。パークは公園です。つまり、核兵器開発施設にもなりうる研究者の遊園地です。私は東海村を20年以上前にでましたが、ジェイパークと言う施設はいまも稼働しています。現実にはなにがおこなわれているのでしょう?神のみが知る、です。

 

f:id:TCCpolice:20210819100256j:plain

f:id:TCCpolice:20210624053151j:plain

 

f:id:TCCpolice:20210214010045j:plain

 

f:id:TCCpolice:20201012234728j:plain